”罵倒する” 認知症ケアのはなしを聞いてきた

ちょっと変わったデイサービスを今お世話になっている認知症の先生から教えてもらって、早速行ってみました。

さらっと1行書きましたが、認知症の医師がデイサービス情報を教えてくれるって、普通のことではないと思うんです。

みなさんが受診されている認知症の先生はどうですか?症状やお薬の話はしても、総合的なアドバイスってあまりないのではないでしょうか?(うちは恵まれてます、ホント)

デイサービス代表との会話

代表:「面白い施設がありましてね、徹底して認知症だってことをその人に叩き込むんですよ

わたし:「え゛ーーー、そんな事していいんですか?」

代表:「職員と利用者さんは怒鳴りあいのけんかですよ、それでも認知症だという事を理解させるんです」

わたし:「一般的には知らせる必要はないとか、傷つけないようにとか言いますけど」

代表:「それでもあきらめずに時間をかけて、認知症だと分からせるんです」

代表:「職員さんの想いがとにかくがすごいんです、そこは!」

わたし:「それで結局、利用者はどうなるんですか?」

代表:「それがですね、認知症の症状が改善されるんですよ。先生(わたしが通っている病院の先生)もこの例を知って、認知症ケアに答えはないし、これも正解のひとつとおっしゃってました」

わたし:「いや、聞いたことないですよ~、そんな方法もあるんですね!」

わたしは約2年間、母に対して否定しないで同意する ってのをずっとやってきたので、真逆のやり方で認知症の症状が改善されるケースを聞いてホントびっくりしました。今度この施設にも足を運んで、どんな事をしているか聞きに行ってみようと思ってます。

ゆるゆるなデイサービス

そんな代表が運営しているデイサービスも、実は普通じゃないんです。ものすごく簡単に言うと ”ゆるいデイサービス”? なんです。

日付を確認して、みんなで童謡を歌って、体操をする的なルーティーンが一切ありません。おじいさんは世代の違う人と談笑しているし、おばあさんは新聞読んでて、その隣のおばあさんはゲームしてて・・・これにご近所の子どもがきたり、OLさんがご飯食べにきたり・・・

このデイサービス感ゼロの施設に、次回はお試しで母を連れて行きます。ご近所のサークルを探したり、生け花に連れて行ったり・・当初はいろいろ試したんですが、人見知りな母は言い訳を重ねては行かないんですよね。花が高い!とか、買い物行けばサークルと同じとかとか。

ここは自由なデイサービスなので、理想は一緒の空間にいるみなさんに得意の料理をお手伝いして、社会的役割を果たしている!という達成感を持ってもらいたいんですよね。そしたら妙な被害妄想や、同じことを何回も言うのが減るんじゃないかな・・って思っているんですよ。

デイサービスの見学は2件目ですが、実際見ないと本当に分からないですね。前回ケアマネさんの紹介で行ったデイサービスは、今の母とレベルが違い過ぎて絶対に合わないな!とすぐ分かったほどです。どうなるかな~

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)