「介護離職」して1年が経過、今生活はどうなっているの?

ポジティブに「介護離職」 ?

「介護離職」したのが、昨年の3月15日。約1年前にサラリーマン生活に終止符を打ったのですが、わたしのtwitterページの表紙にある通り、あくまで 「ポジティブ」 な退職でした。今日は介護がスタートする 「ネガティブ」 状況なのに、なぜ「ポジティブ」 だったのか?という話です。?

わたしのtwitterページの表紙です、「ポジティブ」に介護退職と書いてます↓
twitter

twitterはフォロワーの方が少しずつ増え、約150人ほどいらっしゃいます。ブログとは違うネタもつぶやいていますので、宜しければフォローしてみてくださいね。さて、本題に戻ります。

介護離職はチャンス?

「介護離職」は年間10万人ほどいて、しかも離職するのは40代、50代と仕事バリバリの世代。子供にお金もかかる時期で、家のローンも未完済。社会全体でも企業にとっても、大きな損失を被る。こういう記事の書き方がほとんどです、要は「ネガティブ」要因でしかないと考えるのが普通です。

そんなわたしも、転職して1年経過しない時に突然、「祖母の子宮頸がん発覚&手術、母の認知症確定」 が同時に襲ってきました。一般的には ”へこむ” 状況なのかもしれませんが、

「今までの働き方を考え直す、大きなチャンス」

と思っちゃったんですよね、ここで(笑) 有名ブロガーである ”ちきりん” さん の著書 「未来の働き方を考えよう」 の影響もあるかもしれません。ちきりんさんは、「40代で働き方を選びなおす」 という事を言っています。その中に、

「思い切って世の中の ?”あるべき論” ?から降りる」

というコトバがあります。どういう事かというと、

「恵まれた環境の大企業を辞めてしまったり、ミニマムな生活を選んだりという、いわゆる上昇志向から降りてしまう道です。(一部略)特に今まで、周りの人と違う道を一度も選んだことがないという人には、戦うより勇気のいる選択肢です。」

大企業でもなかったのですが、まぁまぁの会社で働き、そこそこの収入を得て生活していたわけですが、収入が何分の1になっても、ミニマムな生活を選んで、とにかく時間を確保する。その時間を介護に充てよう! 勇気があったわけでもなく、まずそう思いました。

「仕事優先」 って考えるのが一般的な世の中で、

「ん?待てよ」  「本当に、一生それでいいの?」

と立ち止まるには、十分なきっかけでした。こう思えたこと自体が 「チャンス」 であり、「ポジティブ」 な発想なのです。毎日遅くまで残業し、中間管理職という立場で疲弊もしていました。そんな中で突然介護がやってきて、Wパンチ・・・ そう思うところを、チャンスと発想転換できたのはちきりんさんの本のおかげです。

もうひとつは、

「離職しても、なんとか生きていける」

という状況にあったからです。どういう状況かというと、

・住宅ローンを抱えていない(無借金)
・一度目の介護離職で、無駄な支出を見直して減らしていた
・サラリーマン時代から、副業をしていた
・貯金をしていた

準備はできていたんですね、なんとなくですが。祖母にも要因がありました。

祖母の余命が半年と言われているのに、「仕事人間」 な生活を続けて後悔しない?」

と自分自身に聞いてみましたが、答えは驚くほどすぐ出ました。

「後悔するぐらいなら、介護離職しちゃっていいんじゃないの?」

早かったですよ、辞表提出するの。事が起きてから、1ヶ月後には辞表提出しました。それでもすぐには辞められないので、3か月間は「介護と仕事の両立」 をしました。短期間でしたが、両立はきつかったですよ~ 片道4時間~5時間かかりますからね、家まで。有給つかっては、往復を繰り返しました。

父と母が別居して23年目なので、二男(兄が亡くなっているので実質長男)であるわたしに介護が回ってくるなぁという覚悟、そして準備があった というのも、即決の理由です。わたしの環境や考えは一般的ではないのですが、100人に1人くらいは賛同する人もいるのかな・・・

「介護離職」から1年経ってみて

この1年で祖母は亡くなってしまいましたし、認知症の母の介護は今後も続きます。こういう介護ブログを立ち上げる事も予想してなかったのですが、書き続けてよかったなぁ~ と今は思います。母の行動を見て、

「あぁー、なんでこんな事するかな!!」

と思う事は何度も何度もありますが、このブログを始めたおかげで、

「あぁー、なんでこんな事するかな!!でも、ブログネタになるから、まぁいいか!

と思えるようになって、思わぬ形で介護ストレス解消になっています。にほんブログ村という認知症ブログが集まったランキングでは、単体記事で1位を頂く事が結構多くなったり、リピーターの方も相当増えました。先日はサーバー規制が入るほどのアクセスを頂きまして、ブログへのモチベーションがMAXになりました!

はたから見ると、「40歳という若さ?で、介護離職した苦労人」 とも見えるようですが、わたし自身はそんな風に思ったこともないし、この生活が続けばいいなぁとも思っています。この生活が続くということは、

1.認知症の母の症状が進行せず、キープできている
2.「介護離職」 しても一定の収入が得られ、生活ができている
3.サラリーマンという働き方から、脱出できている

ということになります。3月21日がブログ開設1周年記念になりますが、来年の今頃はどうなっているのかなぁ~ あまり先の事は考えずに、今できる事をやっていこう!と思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)