我が家の認知症 「あるある」

我が家の認知症あるある 「お風呂」

認知症の母(70歳)と一緒に生活すると、日々 んっ? って思う事が多々あります。今日は我が家ならではの認知症 「あるある」 です。

わたしがお風呂に入る時の一場面。

わたし: 「風呂入るね~」

母: 「うん、わかったー」 (母は夕食後の皿洗いをしている)

冬は寒いので、まずは湯船につかります。お風呂に入ると、認知症の母への対応について、つい考えてしまうんですよね・・・・

「あぁ~、今日も母への対応がまずかった・・・」 
「イライラしないようにしてるけど、少しは出てしまうな~」

とかとか。体が温まったころ、湯船から出て顔や体を洗います。洗った後、シャワーで流す普通の行動をとるのですが、ここで・・・

わたし: 「つ、冷たっ!」

最初に少しシャワーの水を出さずに、いきなりシャワーを浴びると水が冷たい事ってありますよね? で、しばらく水を出しっぱなしにしておくんですが、いつまで経っても冷たい水しか出ません。

わたし: 「また、やりやがったな!(心の中で叫ぶ)」

素っ裸で浴室の扉から台所の給湯器のスイッチを見ると、母がスイッチをOFF。居間でコーヒー飲んでます(笑)。自分が皿を洗い終わる頃には、わたしが風呂に入っている事を忘れ、いつものようにスイッチOFFするんです。最初の頃は素っ裸で、

わたし: 「ちょ、ちょっとー、給湯器切っちゃだめでしょー」

母 : 「あらら、ごめんごめん(笑)」

というのを繰り返していました。遠距離介護なので、わたしが東京に戻って1週間もすると、このやりとりは忘れます。で、また帰省すると、冷たい水を浴びせられますwww

我が家の給湯器↓ (なぜか70度にしないと、温まらない)
kyuto

お風呂に入る時は、このように紙でスイッチを覆うことに
kyuto1

この方法で、お風呂場で ”水によるショック死” せずに済みそうです。もうひとつ、我が家でいつも繰り返される事があります。

我が家の認知症あるある 「主食に主食」

母は料理は一応できるんですが、たまにおかしな組み合わせな食卓になります。

下記は別におかしくもない! って言う人もいそうですが、料理が得意だった母は以前はこういう事はしませんでした。

「夕食にうどんのみをリクエストしたら、全力でご飯1膳もついてきた!」

dinner


ラーメンライスもあるし、はなまるうどんに行ったら、おにぎりとうどんを食べるのでおかしくはないんでしょうけど・・・この日は直前に大判焼を2人で食べて、腹いっぱいだからうどんだけね~ って言ってた矢先の全力ご飯だったので、ガックリきてしまいました。

この他には、

・朝食に パン&ご飯&みそ汁&牛乳 が同時に並ぶ
・昼食に 焼きそば&パン&焼きおにぎり が並ぶ

やたら炭水化物を重ねたがる傾向にあります。

わたし: 「こんなに炭水化物食べられないよー」

母: 「あら、食べさせたくてやっているんじゃない」

最もらしい言い訳をするのがうまい母ですが、最近は言い訳も下手くそになってきましたね(笑)

こういう時のわたしの対応

給湯器のスイッチが切れていようが、主食に主食が出てこようが、なんとか自分でやろうとしているので、それを今後も続けてもらうように付き合うようにしています。パターン化されてくれば、準備ができているので対応も簡単なんですが、最初はいつも驚きますね。

他にも「認知症あるある」 はたくさんあるんですが、いざ記事にしようとすると、思い出せない・・・シリーズ化できるかな?

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか