認知症の母に夫が亡くなったことを伝えた日のはなし

認知症 死 伝える

わたしはこの5年間、認知症の母(74歳)に伝えてないことがたくさんあります。特に親族が亡くなったことについては、伝えていません。これを伝えると、母はどうなるか?

  1. 自分は葬儀や通夜、火葬に参加すべきかどうかでパニックになる
  2. 香典をいくら包むかで、悩みだす
  3. 四十九日、一周忌などが気になりだす

この質問攻めに合うのがわたしなので、全員生きていて元気だと言っています。母が死ぬまで言うつもりはありません。ところが、わたしの父の死はどうしても伝えなくてはならなくなったのです。

父の死を伝えなくてはいけない2つの理由

1つ目は遺族年金の手続きです。

父は60歳まで正社員として働いておりました。国民年金と厚生年金をしっかりもらっていたわけですが、母はずっとパート勤めなので、国民年金しかもらってません。もし遺族年金がもらえれば、母の生活は少し楽になります。

わたしが母から委任状をもらって、遺族年金の代理手続きすることになるのですが、記入欄に死亡のことがしっかり書いてあるのです。ごまかしがきかないので、母に父が死んだことを伝える必要があります。

2つ目に、遺産分割協議書の作成です。

行政書士さんにお願いしているのですが、相続人である母からハンコをもらう必要があります。父の死を知らせずに相続の話なんかできるわけがないので、やっぱり父の死を伝えなければならないのです。

この2つの話は、いずれブログで細かく書きます。

父の死を認知症の母に伝えてみたら

わたしは前日から、頭の中でシミュレーションしておりました。母は泣くのか、パニックになるのか、認知症の症状が一気に悪化してしまうのか・・・そんな悪いことばかりが頭をよぎりました。

いざ当日。

くどひろ
実はさぁ、オヤジ2週間前に急に亡くなったんだよね~(軽い感じで)
え、もう亡くなってたんじゃなかったっけ?

実は、この最も理想とするシミュレーションもしていました。母は見事に、理想の切り返しをしてくれたのです。

というのも、以前から「母の頭の中で、父が死んでいる」ことがよくあったのです。だから、そう思っていればノーダメージだろうなと思っていたら、見事にはまってくれました。しかし、そのあとはやはり質問攻めがすごくて

いつ?なんで亡くなったの?お葬式は?

この話を、5時間以上はしました。いつもなら疲れるのですが、やはりいろんなことがあったので正確に伝えようと。母のかかりつけ医が、オヤジを診ていたことはさすがに驚いたようで、

なに、わたしの先生が、うちのお父さんも診てたの?夫がバレちゃったの?
くどひろ
そうそう、だから看護師さんはオヤジの家で訪問看護したあとで、この家に来たこともあったんだよ
うっそー。だって誰も何も言ってなかったよ
くどひろ
そりゃそうよ、全部隠してたんだから。

母には医師が同じだということを伝えましたが、父にはこの件は伝えませんでした。母と同じかかりつけ医と知ったら、怒りだして拒否する可能性もあったからです。本の取材で見つけた先生だと、嘘を突き通しました。

とにかく、母に父の死を伝えるという大作業は無事終了しました。唯一切なかったのは、

最期亡くなるとき、わたしのこと何か言ってなかったの?

という質問でした。こんな返しをしたら母は喜ぶのかな・・・わたしの頭の中で用意しました。

くどひろ
「今までおまえには、いろいろ世話になったな」と言いながら、静かに息を引き取ったよ

長年別居していたとしても、わたしや妹を夫婦で育てた日々には感謝していたという感じになって、ハッピーエンドになるかなと思いました。でも今回は、正直に伝えることにしました。

くどひろ
ひとっことも言ってなかった、27年も別居してたらそりゃ無理でしょ

実際、母のことは最期の3か月間、何一つ話題にならなかったのです。わたしもあえて母の話題はしませんでしたし、父もそうでした。やはり27年別居の現実は、そんなに甘くはなかったです。

でも、母から父にあてた手紙は、遺品整理してたら出てきたんですよね。わたしの学生時代の話が書いてあって、それを一応父は捨てずに取ってありました。筆まめで達筆な母の手紙を読みながら、昔はこんなに字も文章も書けたよな・・と切ない気持ちになりました。

とにかく、母はいつも通り元気なので、長生きしてもらいたいなと強く思いました。あぁ、生きてるだけでありがたい、認知症の症状がたとえ悪化しても・・・そんな気持ちにすらなります。でも、こんな気持ちでいられるのも1か月くらいかな・・

いつ?なんで亡くなったの?お葬式は?

いつもなら紙に書いて母に見せるのですが、紙に残しておくとそれを何度も母は読みます。それで記憶の奥底に浸透してしまうくらいなら、いっそ認知症という病気を利用して忘れてもらったほうがいいという思いもあって、紙には残さずにすべて口頭で回答しています。しかし質問回数が凄まじいので、優しい気持ちも1か月くらいかな・・・そんな感じです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
認知症 死 伝える
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 本当にお疲れ様です!お父様の手続きの最中に、そこに認知症の人がいるだけでいろんなことが複雑化していくのは私も経験しましたのでよくわかります!
    お母様にはお父様のことをどう伝えていたのか気になっていました。

    うちの母は父が亡くなった時、傍で見ていたにも拘らず、しばらく亡くなったことも記憶にありませんでした。亡くなる数ヶ月前の苦しいやせ細った顔は全く覚えていないし、散々怒鳴られていたのに、「あの人はいい人だったわー」なんて今も言うからびっくりです。

    認知症であることで救われてある部分もありますよね。

  • ㎜さま

    ありがとうございます!

    そうなんです、認知症であることで救われる部分はたくさんあります。もちろん複雑にもなりますが、母のメンタルが一番大切なのできっとこれでいいんだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)