10分で聴ける介護ラジオ放送中!

コロナ禍で初の良化?認知症の母との久しぶりの再会

9月最後に母と会って以来、2か月ぶりの再会です。これまで再会直後の母の様子をブログにずっと書いてきましたが(下記3本の記事)、今回の変化は、今年1番驚いたかもしれません。

認知症の症状が悪化ではなく良化?

あら、久しぶりじゃない。ちょっと顔見せて、顔

コロナ禍で進行している認知症の症状から考えて、再会時はいつも「自分の名前はまだ覚えているかな?」、「息子の顔を見て、どちらさま?って言うかな」という不安があります。

ところがまさかの「久しぶり」って、言いました。久しぶりが分かってる? わたしの顔を見て息子と判断できています。今日は調子がいいのかなと思いながら、さらにいろいろ話してみると、相変わらず「あんた、いつ帰ってきたの?」は30分間で10回以上質問するので、変化はない模様。でも、

そういえば、あっちゃん元気なの?

あっちゃんとは妻の名前で、忘れることも多いのにスッと名前が出てきました。ガッカリする心づもりでいたので、コロナ禍で悪化するのではなく、良化しているかもしれません。なんでか?

9年で初の抗認知症薬の長期使用を始めた

今回最も気になっていたのが、この9年で初めて本格的に活用した抗認知症薬ガランタミン(レミニール)の効果です。かなり少ない量の処方なので、副作用の心配はないと思ってはいましたが、ひょっとすると、薬がいい方向に働いているのかもしれません。

何年も抗認知症薬を服用している人よりも、初めてのほうが効果がある、効きやすいという医師の本をだいぶ前に読んだ記憶があるので、その効果が出ていると信じたいところ。

数日一緒に居ただけなので何とも判断できませんが、少なくとも久しぶりの母との再会の反応は悪くありません。会うたびに悪化する前提でいつも考えているので、そのギャップで良化したと感じているだけの部分もあります。

洗濯機を開けたらリハパンを洗ったまま放置されていて、吸水ポリマーが中で散乱していました。いつもと変わらないところもあるのですが、あんまり調子いいかも?って思ったことがなかったので、久しぶりにうれしい誤算でした。

音声配信voicyの最新回は、高齢者の時間の感覚は若い人と違うよっていう話です↓

今日もしれっと、しれっと。


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて10年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか