3年目にブログ突入しました!こんな方々に読んで頂いてます!

2013年3月21日からスタートしたブログも2年が経過し、3年目に突入しました! 今日はこのブログがどんな性別、年齢層に読まれているかをご紹介します!

ブログ読者の男女比

graph2

女性7割、男性3割という結果になりました。以前使っていた分析ツールでは真逆の結果でしたので、驚いています。人気のある介護ブログを読むと、女性同士の共感という部分を大切にしているなって思います。

残念ながらわたしにはそれができませんが、それでも女性の方が多いのは、介護者の女性比率がそもそも高いからと思っています。

ブログ読者の年齢比

graph1

40歳からの遠距離介護 というブログタイトルどおり、35歳~54歳までの年齢層で半分を占めます。25歳~34歳、55歳から64歳までの層が同じくらいいらっしゃいます。

若い介護者向けにもたまに記事を書くので、34歳以下世代が予想以上に多いのはうれしいです。現役介護職の方もかなり来て頂いているので、実際の介護者の年齢層よりも若い方が多いです。

他にはない介護ブログを目指して

記事を書くとき、このパターンが多いです。

介護の壁にぶつかる(体験談) → その対処法をテレビ、本、ネット、講演会で学ぶ → 記事にする

体験談+α が基本です。自分はこう壁を乗り越えたけど、一般的にはこう対処する!と一般論を加えます。一般論を加えることで、幅広く役立つブログになる!いう意識を持ってやっています。

ペルソナマーケティング

ペルソナマーケティングという言葉がありますが、要はブログ読者をより具体的に想定してブログを書きなさい!ということです。

こんな仮想の人物像を、ブログ読者として考えています。ちなみに仮想人物は、アクセス解析やFacebookページデータを使ったものです。

<メインのブログ読者>
・年齢:48歳(旦那さん、お子さん2人、ご両親)
・性別:女性
・職業:主婦(専業ではなく、何かしらお仕事をしている)
・居住地:東京(ご両親は地方に住んでいる)
・現在の状況:ご両親のどちらかが認知症で、ご自分が主介護者
・性格:前向き(情報を得る意識の高い方)

周りの友人よりも一足先に介護がスタートしていて、わたしもいずれ介護の可能性があるのよね~と友人と話している。認知症に特に注目していて、介護の悩みを解決すべく情報収集を欠かさない。

職業は主婦でなく、現役介護職も想定しています。こういった方がきっとブログ読者ではないか?と勝手に推測しています。ただ記事を書くのではなく、読者を想定して書く事も大切ということでペルソナをやってみました。

3年目も引き続き、宜しくお願い致します!

3年目もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

4 件のコメント

  • こんにちは。
    主さんは男性でいらっしゃって、お母様の介護をしておられるわけですが、
    医療、食事のほかに、衣服についてはどのように対応しておられますか?
    年老いた異性の服を買うって、難しくありませんか?
    温めているネタがもしおありになれば、聞かせて下さい。

  • ななしさま

    コメントありがとうございます!

    おっしゃるとおり難しいはずなんですが、うちはまだ苦戦してません。認知症の特徴である、いつも同じ服しか着ません。新しい服でも買おうと言ってはいるのですが、本人はいらないようです。下着を買いに行った時は、売場付近まで一緒に行って待機して様子を見ていた事があります。最終的には店員さんを呼んで聞いてましたが、怪しいおじさんと思われたかもしれません。亡くなった祖母もいつも同じ服しか着なかったので、結局あまり苦戦していないということになります。

  • ああ、異性介護って難しいですよね。
    私は先日、母がイオンの女子トイレに鞄を置き忘れてきて、私(男)が見にいくわけにもいかないのでインフォーメーションに聞いてみたらしばらくしてあったのでよかったですが、母が見つかるまでの間不穏になって大変でした。 トイレの個室にものを忘れて他の人が入ってしまうともうどうしようもないんですよね・・・

    で、母の下着ですが私はユニクロ大好きなのでユニクロで買ってしまいますw あとイオンなどだとそんなに苦労しないですね。 最初はユニクロのレディースに行くのもちょっと嫌でしたが、慣れればどうってことありません。
    うちの母もあまり着替えないですし、何より買ってもらうと「もったいない」ってしまいこむのでほとんど買わないことにしています。
    あまり参考にならないかもしれませんが・・・。

  • syumitektさま

    うちもトイレにカバン忘れありましたが、田舎の道の駅だったので母が自分で見つけました。
    たしかに慣れれば、なんでもできてしまいますよね・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)