本日12/6より「がんばりすぎずにしれっと認知症介護」発売と第1号書評頂きました!

がんばりすぎずにしれっと認知症介護

改めまして、わたしの3作目の本「がんばりすぎずにしれっと認知症介護(新日本出版社)」が今日より発売になりました!

全国書店の店頭に並んでいるかと思います、たくさん注文頂いた書店さんにはわたしの自作POPがついているので、お近くの書店でチェックしてみてください。今回のPOPは評判がいいんですよ!岩手県の書店さんに関しては、わたしが回ったところは数量に関わらず自作POPがついています。

「この書店に置いてあったよ!情報」を、SNSとかブログコメントで頂きましたら、拡散させて頂きますのでお知らせください。間違いなく「潤沢に」在庫があるお店は、東京の紀伊國屋書店新宿本店5Fさんと、岩手・盛岡のさわや書店さんです。今までで一番、探すのが大変な本だと思います。

今作を書いてみて思ったこと

今まで本を書くときには「とにかく情報をいっぱい詰め込まないといけない!」そんな思いで書いておりました。しかし、今回の作品に関しては、とにかく文字を圧縮して削って、読みやすさと分かりやすさを追求しました。それは新聞連載中に磨かれたものですが、決められた文字数の中で伝えるためには、徹底的に圧縮をしないといけません。

新聞連載の時は1回1200文字ですが、だいたい1500文字から2000文字くらい書いたあとで、文字をカットしていきます。あまり読書をされない70代・80代で認知症介護をされているご家族でも、最後まで読み切れる挫折しない内容になっていると思います。また1つの内容が短いので、どこからでも読める形にもなっています。

何人かの若い世代の方から読了の報告(Amazonが3日前から発売していたようで)を受けましたが、1日から2日で読み終わっている方が多いようです。上の世代でも3日はかからないのでは?と思っています。書店員さんには今回の作品は字も大きいし挿絵も多いから、上の世代にはこのほうがいいよねとも言われました。

第1号の書評が早速!

Amazon組は、もう本を読み終えて書評を書いてくださいました。ありがたいです!#くどひろ #しれっと介護で本の感想や書評をアップして頂ければ、わたくし著者が巡回いたします。

新刊のイベント・メディア情報のまとめ

今後のイベントやメディア出演・掲載の情報をまとめました!

  • 12月7日(木) 10時17分頃~ IBCラジオ「朝からRADIO」ブックナビのコーナー出演
  • 12月9日(土) 14時~    岩手・さわや書店ORIORI(盛岡駅ビル・フェザン3F)でトークショー&サイン会
  • 12月14日(木) 14時~    東京・紀伊國屋書店新宿本店8Fイベントスペースでトークショー&サイン会

その他にもいくつか取材・メディア予定が入っておりますが、現時点ではオープンにできません。イベントにはどれくらいの方々がいらっしゃるのか、わたしのところには情報が入ってきておりません。恐ろしいほど不安です・・・

「どれどれ、くどひろを助けてやるか!」こんな感じでイベントに来て頂いてOKです。来場された方には写真をとにかくたくさんお見せして、何かしらの「気づき」を持って帰っていただけるよう考えています。

わたしの本は認知症介護がテーマなので、比較的息が長い本だと言われています。しかし、出版業界的に本の寿命は本当に短いです。毎日300種類の本が発売されるので、簡単に売り場から消えます。だから発売日から1か月で、いろんなことを仕掛けています。

認知症介護でお疲れの皆さまの気持ちが少しでもラクになることを祈って、この本が多くの方の手元に届きますように!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか