わたしの最新刊の介護本はここまで進んだ!

執筆

11月末に、わたしの5作目の本の「初稿」が終わりました。

「初稿」とは、著者であるわたしが書いた最初の原稿のことで、全くの手付かず状態を指します。

同じ読み方で「初校」がありますが、これは編集者や校閲さんが校正するための試し刷り「ゲラ、プルーフ」に、誤字とか脱字とかその他いろいろ修正する作業のことです。

9月、10月、11月と出版社に原稿を提出したあと、編集者がわたしの初稿(WORD)を読んでコメントを加えます。わたしはそのコメントを読みながら、再度修正を加えていきます。

今月はその作業を繰り返す感じになるので、完成までもう少しかかります。企画は今年の4月だったので、すでに8か月、執筆したり調べものしたりして作業をしています。

相変わらず都内のカフェ、東北新幹線の中、盛岡の実家、盛岡のカフェを転々とする日々で、コーヒーにいくら使ったか分かりません。早い時は皆さんが通勤する時間帯から、カフェに居る日もあります。

気分転換に、渋谷の最新スポットのコワーキングスペース(スクランブル交差点を見下ろす場所)で書いた日もありました。

0から1を作る難しさ

本を書くとき、とにかく前に進む、書ききるという体力が必要です。

特に初稿は、0から1を生む作業になるので、文章が浮かばないときは全く前に進めません。ただ悩み、厚労省や内閣府の調査結果をボーっと眺め、資料を読むの繰り返しです。

でも考え続けていると、文章が急に天から降ってきて、スラスラと書けます。悩み事が解決する瞬間や、急に仕事のいいアイディアが湧いてくるときの感覚と、ほぼ同じです。

その文章をみそを熟成させるかのように、何日も寝かせてから、また読み返します。そうすると、文章の「あら」みたいなものが不思議と浮き上がってきて、もう1人の自分がどんどん文章を修正します。

編集者さんの鋭い指摘が入りますし、もうちょっと進むと校閲さんのチェックも入りますから、皆さんのお手元に届く頃には、それはそれはいい仕上がりになっております。

わたしはこう書きたい!でも編集者さんの視点はこう!みたいなやりとりがあって、加筆したりボツになったり並び変えたりを繰り返します。

今回の作品は過去の作品とは作りが違っていて、思いのほか時間がかかっております。これぞ生みの苦しみ!

2020年のどこかで必ず発売されるので、楽しみに待っていてください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
01/21(火):福岡市博多区  → 非公開
02/22(土):岩手県盛岡市  → 非公開
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」「あさイチ」でブログが紹介されました。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ