【わずか5秒】バレずに認知症チェック 「三宅式簡易認知症判定テスト」 って?

認知症のテストというと、

1.長谷川式認知症スケール
2.MMSE
3.コウノメソッドのピックスコア、レビースコア

これらが代表的です。これよりももっと簡単で、しかも本人に気づかれないように認知症判断できるテストが、

「三宅式簡易認知症判定テスト」

です。ご存知でしたか?

三宅式テストの手順

このテストで聞く事は、ただひとつ。

「年齢を聞く」

ただそれだけ、とても簡単です。でも、この質問はとても理にかなっています。次の項目でその説明をします。

”認知症と疑わしき人にテストを受けさせる” という何気ない事も、実際やってみると大変です。

しかしこのテストは、会話の中で「年齢を聞く」ので、全くテスト感もないし違和感もありません。

「知っている野菜を言ってください」 

という長谷川式認知症スケールの質問は、会話のどこに入れてもおかしいですよね(笑)

なぜ、「年齢を聞く」 事が、テストになるのか?

認知症きらきらネットから一部抜粋すると、

年齢というのは、その人にとって新しい、大切な記憶です。人は、誕生日が来る度にひとつ足して古い年齢を忘れ、新しい年齢を覚えなおすことを無意識のうちに行っています。ところが、認知症の人は、年齢を記憶しにくくなっているのです。「認知症かな?」と思う人には、年齢という〝新しく大切な記憶〟を覚えているかどうかをチェックすれば、おおよそのことは見分けられます。

ちなみに「年齢を聞く」のは、長谷川式認知症スケールの第1問にもあります。これが「生年月日」でもいいか?いうと、NGです。生年月日は古い重要な記憶なので、認知症の人が得意とするところです。

うちの亡くなった祖母は、やや高度の認知症で長谷川式認知症スケールは5点でした。祖母とよくした会話をご紹介しますと、

わたし: 「いま、いくつか分かる~?」

祖母: 「さっぱり、分かんないや~」

わたし: 「誕生日、言ってみようかー。はい、大正なんだっけ?」

祖母: 「大正12年×月×日」

わたし: 「正解!」

高度の認知症でも、誕生日や住所ってバッチリ覚えているんですよね。でも年齢は分からないので、三宅式テストを聞いた時は、「なるほど~」って思いました。うちの母は軽度の認知症ですが、やはり年齢だけは不安定です。でも、生年月日は完璧です。

またバレずにテストする事にも意味があります。認知症のテストって、認知症本人にはストレスでしかないからです。テストを受けさせる家族側も、テストの場に連れて行くまでが大変なので、どちらにとってもメリットがあります。

100%確実なテストではなく簡易的なものですが、十分に活用できるテストですね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)