【認知症】コウノメソッドを実践して1年が経過してよかったと思う4つのこと

2013年4月にコウノメソッドを行っている病院を見つけ、そろそろ1年が経過します。

認知症の母(70歳)が1年間でどう変化したかを、手書きグラフ で示してみました。

認知症状態
赤いグラフがわたしの実感値で、黒いグラフが何もしなかったらのグラフです。横軸が1年間の時間、縦軸が認知症の状態です。感覚的なもので実証するものはないんですが、イメージは右肩下がり。なんとか踏みとどまっているかな?という実感値です。

根拠は2つあります。ひとつはブログ右側で紹介している本の著者、川崎幸クリニックの杉山孝博先生が言う 『認知症をよく理解するための9大法則・1原則』?です。

「認知症の人は普通の人より、2倍から3倍のスピードで老化する」

この法則に当てはめればこの1年間は、2年や3年に相当する時間であったということです。3年分老化が進んだかというと、

「老化は進んでいるけど、かろうじて食い止めている。そこまでは老化してない」

と感じてます。2つ目に、長谷川式認知症スケールの結果です。

26点(1年前) → 21点 → 21点 → 28点(最新回)

約1年経過して、点数がアップしているのはひとつ驚きです。点数がアップしているのにグラフは右肩下がりなのは、やはり日常生活では改善しているとは言えないからです。点数アップの部分ではグラフは右肩上がり、でもそれを上回る日常生活の悪化で相殺して、やや右肩下がりという判断です。

前置きが長くなってしまいましたが、コウノメソッドを1年実践してよかったと思う4つのことはこちらです。

<よかったこと>
1.病院や医師だけでなく、自分でなんとかしようというマインドができあがった

このブログでも何度も出てきますが、「医患一体」 の精神はコウノメソッドを学ばなければ出てきませんでした。コウノメソッドの一文に、

「未開な分野である認知症に立ち向かうため、医師と患者家族は、同じ教材を学ぶ必要がある。世の中でもっとも認知症を知らないのは医師である」

というのがあります。この考えをベースに持っていないと、「あの病院に何回行っても、よくならない」 ってなりますからね。これは医療だけでなく、ケアマネさんやヘルパーさんに対しても同じことです。

介護している人の集まりに参加すると、「医者はどうも上から目線でだめだ」 とか 「担当ケアマネは何もしてくれない」 という発言ってよく耳にします。「いやいや、自分の努力も必要でしょ!」 と言いたくなりますが、実際声に出した事はないです(笑)

2.コウノメソッド講演会で映像として、他の人の認知症の状態を見ることができた

コウノメソッド講演会に偶然、参加することができて、他の認知症の人の状態を見ることができました。(前記事:認知症を深く知る・コウノメソッド講演会に参加してきました! を参照してみてください。)フェルガードを飲んでどう変化しているかを、動画で見られたのは大きかったです。ここまで改善する人もいるんだなぁ~ という、コウノメソッドの効果を見せつけられました。

3.薬レミニール4㎎で過剰反応を示してたので、アリセプト5㎎を投与されていたらやばかった

母に対しての薬の投与です。最初のかかりつけ医に言われたのは、「わたしは薬を出すくらいしかできませんから」 でした。あの病院にもし通っていたら、無勉強な医師のアリセプト攻撃をきっとうけていたんだろうなと。コウノメソッド実践医に通っている現在は、過剰に薬を出す事もなく、いつも微調整してもらっています。

4.米ぬかサプリ 「フェルガード」 だけで効果あり

3.に関連して、レミニール4㎎という薬の服用を止め、サプリメントのフェルガードだけで過ごした時期が半年近くあります。レミニールでは過剰反応を見せたのが、落ち着きました。すごく改善したわけではないんですが、現状維持できた期間がありました。

”目に見える大きな改善”  をどこかで期待はしてしまうんですが、そもそも根治が難しいのが認知症。「現状維持」 が今のところ最高の改善 だとわたしは考えているので、そういう意味で1年に渡るフェルガードの服用はコストはそれなりにかかってますが、薬漬けのマイナススパイラルにもならずよかったと考えています。

若干右肩下がりで1年が経過しましたが、2年目はなんとか平行線に持っていければなぁ~ と思っています。コウノメソッド以外の部分(介護)での努力が必要なんですよね、本当は。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)