実際に成年後見人として、「報酬」 を裁判所に申立してみた!

亡くなった祖母(90歳)の 「成年後見人」 を、1年勤め先日終了しました。今日は、実際に?「成年後見人」 をやって、介護者が亡くなった時に支払われる報酬の手続きのことです。(生きていても支払われます)

「成年後見人」 を実際やってみると、”職務” という言葉が示す通り、お仕事そのものなんですよね。お仕事って事は当然、報酬がある!ということで、実際に家庭裁判所に 「報酬付与の申立て」 をしてみました。

1.報酬はどこから支払われるか?

最初は国(税金)から支払われるの?と思ったりもしたんですが、”成年被後見人である祖母の口座” から、持っている資産額に応じて月何万円か支払われます。ちなみにこの 「報酬付与の申立て」 は、毎月やるものではなく、1年に1度まとめて申立することがほとんどだそうです。

2.付加報酬を求める場合の資料

わたしのような家族の成年後見をするような人は、この 「付加報酬を求める場合の資料」 の作成が一番困ると思います。申立事情説明書、後見等事務報告書、財産目録、預貯金通帳の写し、そしてこの資料を提出する必要があります。報酬を求める理由を、裁判所に提出しないといけないんです。

「1年間、病院の契約や支払、役所への書類提出などいろいろやったから、もらっていいでしょ?」

といいたいんですが、相手は裁判所。この資料の書き方もネット上で見当たらないので、家庭裁判所に電話してみると、

「あなたが今まで苦労されたこと、財産を確保するために行ったことなどを、フリーフォーマットで書かれる方が多いですよ」

ほー、結構アバウトなんだな、この資料。ということで、早速A4 1枚にこんなことを書いてみました。

・成年被後見人は認知症であったが、その娘である私の母も認知症。その認知症の母が通帳をすべて廃棄したため、祖母の銀行口座がどこにあるか不明であった。近所の銀行、証券会社の調査を行い口座を探し当て、全資産を明らかにすることができた。

・成年被後見人である祖母とその娘(私の母)2人ともに認知症であった事、祖母の余命宣告が半年と言われた事、父も23年間別居中で家に戻る意志なしという事情もあり、介護できる人が不在。結局、2013年3月会社を退職をした。

・成年後見人の期間中、東京との往復を1週間単位で行き来した。認知症の母を連れて、成年被後見人と週2,3回の面会を実施した。

・後期高齢者医療の高額療養費の申請、及び食事標準負担差額を申請した結果、63,341円の還付を受けた。

・自宅の固定資産税の滞納(106,900円)を見つけ、すべて支払った。延滞金の増額を防ぐ事ができた。

・期間中、述べ4つの病院を移動。都度、入退院時の契約締結、支払を行った。(A病院内で大腿骨骨折をしたため、転院が多くなった。)

わたしが 「成年後見人」 にならざるを得なかったのは、

「認知症の母が、祖母の通帳を捨ててしまったから」

です。銀行口座を探したり、復活させたり、口座統合したりというのは、家族といえどできません。でも、「成年後見人」 という裁判所のお墨付きがあれば、これらすべてできるんです。ちょっと変わったきっかけでしたが、人生経験的にはよかったなぁ~、そう思います。

さて、報酬はいくら支払われるんでしょうか?

いちばんわかりやすい というサブタイトルが下記の本にはついてますが、本当にいちばんわかりやすいです。裁判所に提出する書類サンプルがたくさん載っているのがとてもありがたいですよ。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)