7/29(水)発売 新刊の最新情報はこちら!

お通夜・葬儀・火葬の小ネタ集4つ

今日は、祖母のお通夜・葬儀・火葬であった、小ネタ集を集めました。面白ネタ、愚痴、奇跡的な出来事、などなどいろんなネタを関連性なく4つほど書いてみました。

20130824_133044

1.喪主のあいさつが計4回も

お通夜、火葬、葬儀、法事 と、そんなにネタねーよ!って言いたくなるぐらい、

「それでは皆様、喪主よりご挨拶があります」

と司会の人が、こちらにふってきます。喪主の挨拶例の紙はもらったんですが、そんな舌噛みそうな文章は読んでられない&せっかくの機会なので、自分の言葉で伝えたいというのもあって、すべてアドリブ対応でした。参加者が毎回違うから都度挨拶ってのは分かりますが、多すぎる!そう思いました。

2.香典を ”昔出したとか出さないとか”

これは器の小さい父と、その親族がわたしに言ったことです。

「昔死んだ時に香典をいっぱいやったから、いっぱい返ってきたんだぞ」

70歳を過ぎた、たぶん?大人であるはずの人たちが、クズな発言をしてきます。あの時にいくら包んだとか、そんなのしらねーし。リターンを気にしながら、香典を包む根性って、どうかしてますね。純粋に弔うという気持ちがない人たちに、ものすごくがっかりしました。家を出て行って23年の父。葬儀の準備段階だけ来て、香典も1円も払わず、すべての行事を欠席する人がいう言葉か!

その子供がわたしなんですよね・・・・、歳とったらこんな風になっちゃうのかな~

3.下手な自分の 「葬儀経験談」 を語る

「法事への出席を、イチイチ確認するなんて失礼にあたるんだぞ。欠席の連絡が来なかったら出席というもんだ!」

と人生の先輩が言いました。とりあえず来るんじゃないか?という勝手な想定で、法事のお料理を用意したんですが、2名空席ができてしまいました。法事の席がなんかへんな感じになってしまって・・・・、今後のために葬儀社の方に確認したら、

「出欠確認はきちんとなされた方がいいです。」

やっぱそうなんだ・・・・、23年間別居中の ”父の姉” という、これまた口出すな!というポジションの人が口出ししてきます。わたしの喪主としてのスタンスは、

「基本はプロである葬儀社に聞く、23年前に出て行った父は無視、30年間祖母と一緒に暮らした認知症の母の意見を聞く」

これにとにかく徹しました。認知症の母の意見を吸い上げるのがとても難しかったんです・・・・我が家は昔ながらで、亭主関白なうちでした。認知症とはいえ、昔の記憶は鮮明なので、一緒の場にいるだけで母が委縮しちゃうんですよね。引き物を決めるのも、お花を決めるのも、母は、

「お父さんに聞いてみたら」

委縮した母は自分の意見を持たず、23年前に出て行った父に従おうとします。調子に乗って父は、引き物のカタログを見ています。わたしはそれを許さないので、

「別居してるんだから、黙ってろ!」

なんなんだ、この葬儀は・・・・ブログ的にはいいのかな~。葬儀社の人曰く、

「喪主として、いろんな人の意見に流されたら終わり」

だそうです。人生の先輩があれこれ口出しをして、若い喪主が振り回されるっていうのは、結構あるんですって。みなさん大変です・・・

4.棺の奇跡

出棺の際に、棺の中に思い出の物を入れます。祖母はお金に大変細かい人だったので、わたしが成年後見人として記帳した遺産額を、カードに書きました。万が一、カードが落ちてその金額が誰かに見られるといやだったので、封をしました。

出棺の時に、お花で祖母の顔の周りを飾り、お気に入りのワンピース、着物、金額が書かれたカードを棺に入れて、火葬場へ移動しました。

喪主なので火葬場では棺を入れる瞬間と、火葬が終わった骨だけの状態を確認するというお仕事があります。その後、拾骨で骨をはしで拾い集めるという作業をします。そこで葬儀社の方が、

「こちらの方、喪主さんが預かっておいてくれますか」

「はい、分かりました・・・・え?なんで?」

葬儀社の方が渡してくれたものは、棺に入れたはずの金額が書かれたカードだったんです。そのカードは白い布袋にいれて、棺にいれたんです。しかし、どこで・・・・ 妹にこのカードを見せると、

「あの世にこのお金は持っていかないで、わたしたちに任せたっていう意味なんじゃない?」

そうとも取れますが、祖母は本当にお金に厳しい人でした。遺品の手帳には、わたしが小学校から社会人に至るまでのお祝いを ”いくら” あげたかが、細かく書かれていました。それを中学生時代に見せられて、

「あんたには、今までこれだけお祝いをあげた」

とイヤミを言われ、ケンカした思い出もあります。どうしてもこのカードを、天国の祖母に持たせたいと葬儀社の方にいったら、

「お骨と一緒に入れておくといいですよ」

ということで、お骨と一緒にカードは持って行ってもらうようにしました。うーん、でもどこであのカードは落ちたんだろうか??不思議です。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


7/29発売 予約受付中!

近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親に特化した新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」で介護の模様とブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ