『家族のためのユマニチュード』読んでみました!

家族のためのユマニチュード 感想 書評

ユマニチュードが特に話題になったのは、2014年頃だと思います。

認知症ケア「ユマニチュード」講演会の参加レポートと関連本・研修の最新情報

2014.02.23

ユマニチュード創始者のイヴ・ジネストさんの講演会に参加したり、ユマニチュードを実践している看護師さんの様子を見たり、自分の認知症介護に何か生かせることはないだろうかと、本を読んだりもしました。

しばらく情報収集していなかったのですが、本のタイトルに「家族のための」と書いてあったので、気になって買い・・・いや、記事タイトル下の写真のとおり、図書館で借りました。2018年8月に発売された新刊です。

ユマニチュードの講演会に参加したとき、「人としての哲学」という話をイヴさんが何度もしていました。そう考えると、ユマニチュードって介護職向け、家族向けという概念は関係ないのかも・・・ということは、内容は同じ? そんな嗅覚が働いてしまったので、図書館で借りました。

『家族のためのユマニチュード』の特徴

カラーでイラストも多く、1日で読み終えることができる内容になっています。ユマニチュードの基本である見る、話す、触れる、立つという4つの柱に加え、実際に家族としてユマニチュードを導入した方の声も収録されています。

わたしが本で気になったところ

「日本人には、こんなことはできません」という意見を、ユマニチュードを日本に紹介して以来たくさんお受けしました。とても近い位置に立ち、相手に触れながら目と目を合わせることは恥ずかしく思えます。「フランス人ならできるでしょうけれど、日本人には無理です」と思われても不思議ではありません。
引用元:家族のためのユマニチュード(誠文堂新光社)

本では、フランスや日本といった文化の違いは後天的なもので、認知症が進行していくとそういったものが失われ、残るのは人間としての特性と書いてあります。

イヴさんの所作を実際に見たときに、日本人にできるかなとまず思いました。ユマニチュードの訓練を受けた看護師さんを見たときも、ミュージカル女優のように見えました。実際、講習を受けた家族の中にも、気恥ずかしさを感じる人もいるようです。家族にとって、介護は職業ではないですし、長年の関係性、そこから来る照れもあるので、なかなか演じ切ることが難しいのだと思います。

うちの場合は、ユマニチュードは認知症がやや高度というレベルまで進行し、ベッドで寝たきりだった祖母には試してみたいと思いました。(この技法を知ったときには祖母は亡くなっていた)認知症の軽度を過ぎ、中等度くらいと思われる母には、ちょっと早いかなという印象です。

例えば「近い距離で長い時間見つめる」という方法は、認知症が進行していた祖母には有効だったと思います。でも母にそれをやったらきっと、「あんた、近いわよ」と一蹴されるはずです。「大げさとも思える笑顔をつくる」という方法も祖母にはできますが、母にやったら「あんた、どうしたの?」と言われると思います。

なので、もうちょっとあとの介護フェーズで、ユマニチュードは使いたいと考えています。母の認知症が更に進行してしまったとき、わたしのことが分からなくなったとき、母が寝たきりに近い状態になったとき、改めて読み返す必要がある本だと思いました。

専門職の方は、ユマニチュード好きですよね。1対多で仕事をしなければならない、時間に追われる介護職の方にとって、もしユマニチュードを実践して、1人1人のケア時間が短縮することができたら、どんなに救われるだろうと思います。

わたしがお会いした介護家族と、このユマニチュードについて語り合ったことはほとんどありません。介護家族はユマニチュードをどういう思いで見ているか、実際にどう在宅介護で活用しているか、聞いてみたい気もします。

はまらなくてもメリットを拾う努力が大切!

ユマニチュードも、リコード法も、コウノメソッドも、わたしが本に書いていることも、ご自身の認知症介護と必ず相性があると思います。うちもそれぞれの手法、考え方など、いいところだけをピックアップするようにしています。

認知症ケアの方法が自分の家に当てはまらないとき、そのすべてを否定するのではなくて、「うちの場合、どうカスタマイズしたら使えるのかな」と考える想像力が大切なように思います。特効薬がない、認知症の世界において、介護者は常に探求心を持つことが必要なんでしょうね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか