認知症の母の自立をお膳立てするためのある仕掛け

仏壇の花 認知症

盛岡に帰省したとき、わたしは必ず仏壇に手を合わせる。

母はいつも、仏壇の近くにいるのだが、仏壇にお水をあげたり、枯れた花を捨てて新しい花を飾ったりすることを忘れてしまう。

認知症でも忘れる習慣と忘れない習慣があるのだが、仏壇に関しては居間の隣の部屋にあり、あまり目に入らないから、忘れてしまうのかも。

亡くなった祖母もきっと、母の状態を天国で理解しているはずだろうから、拝み忘れても問題ないとわたしは思っている。

ちなみに仏壇には祖母、わたしの兄の2人の位牌があり、27年別居して亡くなった父はいない。

仏壇のお花

わたしはだいたい2週間に1回のペースで、実家に帰省している。

仏壇の花を母は何もしていないので、記事タイトルの下の写真のようにしんなりしてしまう。

母が水を換えたり、新しい花を買ったりできないから、やむを得ない。

それでも、母に何か役割をもって欲しいので、いつもこのようにしている。

枯れた花を台所に置き(記事タイトル下の写真)、新しい花も下記写真のように置いておく。

こうしておくと、母はきちんと花を換え、そのタイミングで仏壇に手を合わせる。

母はできないことが多くなってきたから、やってあげようという気持ちが強くなるのだけど、そこはガマン。

お膳立てだけして、様子を見る。待つことも、立派な介護なのだ。

お鈴(りん)を鳴らして、母は拝む。

中腰で花を換え、その状態のまま、チンチーンと2回お鈴を鳴らす。

足が不自由なので正座が厳しいのと、座ってしまうと立ち上がるのに一苦労なので、中腰。

見た目にはいいかげんな拝み方だけど、天国の祖母は許してくれていると思う。

一旦拝むスイッチが入ってしまうと、母の様子は一変する。

再び、仏壇の部屋に入り、またお鈴をチンチーンと鳴らして拝む・・・5分前に拝んだのに。

間隔を空けず2回拝むこともあるし、調子がいい時は3回拝むこともある。まとめ拝みというわけだ。

和尚さんと以前話したとき、毎日拝むというよりかは、亡くなった人への思いのほうが大切と言っていた。

認知症になった今、母の正直な思いはどうだろう・・・

母の祖母に対する認知症介護は、悪い例の代表になるような酷いものだった。

何十年もケンカ口調でやりあってた親子だったから、それはそれは人様には見せられないものだった。

母は認知症介護のやり方を知らなかったし、自分もまさか認知症になるとは思ってなかったと思う。

そんな祖母に対しての母の評価は、意外にも優しいからよく分からない。

一方で、出て行って亡くなった父への評価は、とにかく厳しい。

いきなり会社の同僚を連れてきて、家に泊まらせたり、料理を作らされたりしたことを、今頃になって怒っている。

亡くなった父にはちょっとかわいそうな気もするのだけど、認知症になって空気が読めなくなった母の攻撃は容赦ない。

ある程度お膳立てをして、あとは自立に任せる。そんな仕掛けをもっと増やしていきたいと思う。

今日もしれっと、しれっと

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか