【認知症】えっ?独居のメリットもあるの?

独居

「ひとりで自由気ままに暮らすのも、悪くないかもしれませんね」

と言ったのは、お世話になっている認知症の先生のコトバ。

「確かにそうかもなぁ~」

おそらく9割の方は同意しないと思うんですが、わたしはそう思う節があります。常識的にはありえない、認知症の独居のメリットとは?

話し相手がいない

他人を  ”異様に気にする”  うちの母。誰かと会って刺激が加わると、”被害妄想”  に変換されます。会ったはいいけど、全部ネガティブ。しかもそれが本当なのかどうか、介護している側は全く分かりません。(基本は妄想と思ってます)

誰にも会いたくない

と常に思っているので、会う事がストレスなんです。独居だとそのストレスがないというメリットです。これは正直微妙なメリットで、やはり誰かと会って”程よく” 刺激を与えないといけないとわたしは考えています。

それをカバーしてくれているのが、ヘルパーさんや看護師さん、作業療法士さんです。週4日間は誰かが家を訪れるので、一応保たれてはいますが、正直もっと人と会って欲しいです。一方で 本人のストレス = 認知症の進行 という考え方もあります。

”自由気ままに” 

という環境は認知症にとってはいい環境でもあり、ストレスフリーというメリットがあります。

マイペースを維持できる

母はわたしが帰ってくると、慌てます。なぜ慌てるかというと、

「食事を2人分、作らないといけないから」

です。本人に言わせると、慣れないので緊張してしまうと。さらにわたしが、いろいろと刺激を加えます。

・わたしが子どもの頃食べたメニュー(いなり寿司とか)を、敢えて挑戦させる
・味や料理方法について、いろいろと評価する

母はいつもこういいます。

「やっぱりひとり自由気ままに料理してると、だめだ!」

確かにその通りなんですが、わたしがいない時はストレスなく料理ができているのも事実。以前のように創作料理をいろいろと作れなくなっているので、残り物で料理をします。取り繕い方としては、

「わたしは残り物を有効活用して、経済的に料理ができる」

と自慢します。

「それはいいことですね」

ヘルパーさんも褒めてくれるのですが、要は献立が決められず、残り物でしか料理ができない状態になっています。それでも料理が生命線とわたしは考えているので、ここは”程よい”ストレスをかけ続けるつもりです。

わたしがいないことは、”自由気まま” であり、これもストレスフリーが得られます。

ミスを指摘されない

物を失くしてしまったり、洗濯の仕方がおかしかったり・・・・ 

同居していると、ついついミスを指摘してしまいます。これを指摘されないということは、本人にとっては自由気まま。間違いに気づかないのでデメリットですが、本人の気持ち的にはネガティブ要素がないので、ストレスフリーです。

上記が成り立つのは、

・徘徊がない
・サポート体制が充実している
・軽度の認知症である

など、条件が揃わないとだめです。と考えると、あてはまる人はものすごく限定されるかと。でも自由気ままな姿を見ると、

「もうちょっと実家に帰る頻度を減らすべきなのか・・・でも、刺激がなさすぎるのもだめだし」

という葛藤に襲われます。ストレスがない環境と程よいストレスのバランスが、とても難しいです。気ままな独居でストレスフリーという考え方もあるのかな?そう思う事が多々あるので、記事にしてみました。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ