認知症の人の環境を変えないのは「日用品レベル」まで

認知症 日用品
なんなの、コレ?高級品はもったいない・・・100円のでいいの!

何の話かというと、歯磨き粉です。母の歯磨き粉は、ライオンの「ホワイトアンドホワイト」と決まっています。たまたま在庫がなくて、「クリニカ」を買ったときに「高級品」と言いました(笑)

歯磨き粉って、朝・昼・夜と使いますよね?なくなるまで、数ヶ月かかります。その間、ずっとこの「高級品」の質問をきっちり繰り返すので、歯磨き粉は変えないようにしています。ほぼ入れ歯ですから、安くていいというのは間違いではありません。

こういうことがあってからというもの、「日用品」はきっちりいつも同じモノを購入するようにしています。ヘルパーさんにリストを渡してもいいのですが、今のところわたしが購入しています。こちらが、わが家の日用品リストです。

歯磨き粉ホワイトアンドホワイト
石鹸牛乳石鹸(青箱)
洗剤ニュービーズ
食器用洗剤ヤシノミ洗剤
尿パッドリフレ 安心パッド
トイレットペーパーDCMのシングル
サラダ油ヘルシーリセッタ

表の上4つは、思わず「懐かしい~」っていう昔からの商品です。「牛乳石鹸、よい石鹸♪」というCMソング、母は未だに唄います。

洗剤を変えても、おそらく歯磨き粉のようなやりとりが毎日ありそうなので、ここ2年くらい固定にしています。日用品レベルまで、いつも同じモノを使うように工夫しています。

引っ越しや入院、施設入所など、環境が変化するとき、認知症の方の症状にも大きな変化があると言います。日用品は小さな変化ですが、わが家にとってはちょっと大きな変化なようです。

困っているのは尿パッド

夜の失禁対策として、尿パッドを使って1年が経過しました。尿パッドを洗濯してしまって、朝からお祭り騒ぎということはよくありますが、別にたいしたことではありません。問題はせっかくこの銘柄でなじんでくれたのに、ドラッグストアから消えてしまったのです・・・

Amazonの方が安いだろうと思って調べたら、思いのほか高い!結局、東京で尿パッドを買いだめして、新幹線でハンドキャリーしております。坂道で果物を落とすドラマシーンがありますが、もし新幹線で尿パッドを大量に落としたら捕まるな・・・

わたしのような40代男性が、尿パッドを買う光景は珍しいのでしょうか?ドラックストアの方が、気遣ってくれて生理用品的な扱い(レジで紙袋に入れてくれる)をするのですが、わたしは何とも思ってないので、「紙袋いらないです」と毎回言うのが、ちょっと面倒です。

みなさんのご家庭でも、こういった工夫されているのでしょうか??サラダ油を表に加えてみましたが、しょうゆなどの調味料も固定です。地味な工夫ですが、母が騒ぎ出さないということは、きっと同じモノが心地いいんだと思っているんじゃないかなと・・・

今日もしれっと、しれっと。


 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護3)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて10年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか