【図解】認知症の母を支える 「介護の輪」を大きくするコツ

現在、認知症の母(70歳)は、たくさんの方に支えられています。今となっては日常化しているわけですが、この体制ができあがるまで1年ちょっとかかっています。

このブログでは、体制ができるきっかけを都度書いてきましたが、そういえばまとめたことなかったなぁ・・・ExcelにSmartArtっていう機能あるんだ・・使ってみよう! この2つが重なって、今日の記事になりました(笑)

母を支える 「介護の輪」

組織

改めて 「介護の輪」 を作ってみて、我ながら

「なんかすごいかも」

と。なにがすごいって、ここまで輪が拡大していることへの驚きです。この 「介護の輪」 は一気にできたわけではありません。この 「介護の輪」 は母だけで、亡くなった祖母の介護をしていた頃は、この輪が別にもう1個ありましたから、とにかく支えられているなぁと。

ブログのサブタイトルも、「ひとりでがんばらない」 ですから、これで輪がなくて “家族” のみだったら、やばかったです(汗)

ちなみに最初介護がスタートした時は、こんな感じでした。

介護スタート時の 「介護の輪」

組織2

ずいぶんと貧相な・・・最初ってどの人もこんなもんだと思います。ケアマネさんやヘルパーさんすら、輪に入ってない人がほとんどかもしれません。うちは祖母のケアマネさんがすでに母のケアをやってました。

輪がなんでこんなに大きくなったのか?どうやって大きくしたのか?を冷静に考えてみたら、大きく2つの理由がありました。

輪が大きくなった2つの理由とコツ

1.遠距離介護で、ひとり暮らしであったこと
2.偶然をうまく利用した

2つ目の理由の中に、実は「介護の輪」を大きくするコツが含まれていました。それは、

母が認知症であることを 「オープン」 にする

ということです。例えば、祖母のお葬式の時には、喪主という立場を利用してとにかく挨拶。そこで、

「実は・・・うちの母、認知症でして・・・・」 とオープンに。

当初親族はだれも知らなかったのですが、これで近所の全親族が知る事になりました。ご近所さんにも言う機会はなかったのですが、喪服でうろうろしてましたから自然と話す機会に恵まれ、認知症であることを伝えました。

民生委員さんはちょくちょく家を訪問してくれてはいたんですが、わたしが認知症である事を伝えるまで、母の認知症に気づかなかったんです。認知症である事を伝えてからは、家を訪れる頻度が増えました。

遠距離介護・民生委員さんへ宛てた手紙をそのまま公開

2013.07.19

認知症をオープンに伝える ということに抵抗がある方も多いと思うんですが、うちの場合は ”結果として” 「介護の輪」は大きくなり、遠距離介護でも

「誰かが見てくれている」

という安心感があります。通っている認知症の病院が、在宅療養支援病院(24時間体制で訪問診療または訪問看護などの在宅医療を行い、患者さんの在宅療養をサポートする病院)であったという事も大きいです。いろんなノウハウを提供してもらいました。

認知症であることを隠したくなる気持ちもよく分かるんですが、オープンにするメリットの方が大きい というのが実感です。孤独で考えていても、何も広がらないんですよね。みなさん介護のプロだったりするので、聞くといろいろ教えてくれます。で、輪が大きくなります。

ブログの輪 もとても重要です!FacebookページやTwitterも含め、いろんなご意見を頂いて勉強になります。

「こんな事書いて、誰の役に立つんだろ?」

という、我が家のしょーもない話でも、意外と共感して頂いたりするんですよね。これもオープンにしないと、分からないことです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/03(水):岩手県平泉町  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
11/25(日):茨城県常総市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 


2 件のコメント

  • 介護の輪、すごいですね!我が家でも去年の6月から輪が広がりました!我が家は義理の両親がW認知で二人暮らし。私達長男夫婦は別世帯なので、週イチ様子を見に行ってます(車で1時間)。別世帯だったため気づかなかったゴミ屋敷状態からの大掃除、地域包括支援センターへの相談、介護認定、二人の認知症発覚、病院受診、ケアマネさんやヘルパーさん、訪看さんの訪問、デイにリハビリ、お弁当の宅配サービス…まだ1年経っていませんが、かなり助かっています。ご近所さんにもはっきり伝え、だいぶ楽になりました!仕事を続けながらだとどうしてもやる事が限られてくるので、助けて下さる方々に本当に感謝です?

  • 1104yummyさま

    いつもコメントありがとうございます!

    1104yummyさまのコーディネート力もないと、ここまで広がらないと思うのですごいですね。
    わたしも助けてくださる方々には、ただただ感謝しております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか