10分で聴ける介護ラジオ 放送中!

50年後の認知症介護できっと困るであろうこと

先日、母のエンディングノートを読み直したのですが、

「棺には舟木一夫の写真集を入れて欲しい」

こう書いてありました。昔は熱狂的なファンでしたが、最近は購入した写真集も見てません。

だいぶ前に、舟木一夫さんのコンサートに2人で行った記事を書いたのですが、ファンの方が記事を紹介してくださったみたいで、このブログには少しだけ舟木一夫ファンがいらっしゃいます。

そのコンサートに行ったときに思ったことがメモしてあったので、記事にしてみました。

50年後の認知症介護は歌の選曲に困る?

舟木一夫の代表曲と言えば、高校三年生です。

「あ~か~い~、夕日が~、校舎をそめーてー♪」

という曲なんですが、冒頭部分だけ唄った舟木さんは、マイクを会場のお客さんにスーッと向けて、突然歌うのを止めてしまいました。すると、会場に集まった1000人を超える70代以上のお客様全員が、何も見ずに一斉に歌いはじめたのです。

「おぉ~、すげぇ~。みんな歌詞が頭に入っているんだ~」

心の中で、こう思いました。と同時に、こうも考えました。

「この光景って、あと何年続くんだろ?」

ネットもなく、みんなが同じ歌番組を見て育った今の高齢者の皆さんは、好きなスターも曲も絞ることができました。わたしが70代になったら、みんなで松田聖子さんの曲を歌うのかもしれません。女性は嵐ファンが多いので、嵐の曲になるのかもしれません。

ミリオンセラーというコトバは死語に近いし、ドラマ主題歌が必ずヒットするわけでもない時代です。いろんな歌手がいる、でも爆発的なヒット曲がなくて、歌番組もほとんどない・・・でも曲数はいっぱいあって、趣味嗜好が多様化しています。

こんな感じで50年が経過したら、施設でみんなで歌うとき選曲に困りそう・・・洋楽か邦楽かでも分かれるし、J-POPだけでなく、R&Bやゴスペル、ロックやメタルなど、それはもうキリがありません。

施設や病院で、ボランティアの方が演奏するときも、選曲に困るだろうな・・・もちろん代表曲はあると思いますが、間違いなく分散化されていますよね。舟木一夫のコンサートに行って、こんなことを考える自分もどうかしてますが、変な心配をしてしまいました。

認知症の根治薬が開発されていて、こんな心配は必要ないというオチが一番幸せです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
【2021年配信開始】『ちょっと気になる?介護のラジオ』 すきま10分を有効活用!


近距離、遠距離介護に関わらず、親と離れて暮らしている方すべてに向けた新ジャンルの本です。図表&カラーで分かりやすく仕上げました。

2件のコメント

主人は水森かおりさんの大フアン。ケアホームがお休みの時、また帰って来てからもDVDでお守りをしてもらっています。テレビの中へ来てくれているのだと信じています。幸せですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか