45歳以上でリストラにあって介護が始まっても自暴自棄にならないで欲しい!

サラリーマンの帰り道

45歳以上の社員に対して、早期退職・希望退職者の募集をしている会社が増えているという記事が、ネットで話題になりました。

なぜ大企業がそろって給与が高い45歳以上にフィルタリングして退職を促そうとしたのか。これは明らかに、人手不足によって低賃金労働力の獲得ができなくなってきているために、身内の高賃金労働力を整理することで成長の原資を確保しようとしているためだと思います。

https://www.orangeitems.com/entry/2019/03/28/164956

早期退職を募集している会社は、富士通やNEC、日本ハム、認知症介護をしている人ならおなじみのエーザイ、千趣会や、カシオなど、ほとんど東証一部上場企業ばかりですし、わたしも新卒で入社したいな・・と思った会社も入っております。

60歳から65歳への定年延長、人生100年時代、人材不足という言葉とは裏腹に、わたしと同世代の人口の多い団塊ジュニア世代が今、会社からバッサリ切られる時期に突入したということでしょう。

45歳になるまでに転職を経験しているかどうか

もしわたしが新卒でこういった大企業に就職し、転職を経験せずに45歳に到達。そこでリストラにあい、直後に介護が始まったらと考えたら、ゾッとします。

介護の知識がないことに、ゾッとしているのではありません。自分の市場価値が「社名」によって引き上げられていただけだったと、この歳で気づくことにゾッとします。

大企業に居たころの年収をキープしようと、最低年収900万以上で転職活動するも、箸にも棒にも掛からずに書類選考で落とされ続け、自分のレベルがリストラ前の年収の半分にも満たないことに45歳で気づくのは、なかなかキツイ・・

自分のキャリアに対するプライドも強いはずなので、現実を受け入れるのに相当時間がかかるはずです。その期間中に、介護が始まらないことを祈るのみです。

わたしは5社の転職経験と、2度の介護離職でたくましく生きていく術を学んだのですが、大企業で働いたという経験は、45歳を過ぎても有効に活用できます。大した経験をしてなくとも、大企業ブランドの「信頼」でかさ上げされるため、仕事がスムーズにいくことがあります。

また自分では何でもないと思っている経験ですら、大企業に在籍したことが有効に働くことは多いです。そこに気づけるかどうかで、リストラ後の人生は大きく違ってくると思います。

リストラにあって、もし介護が始まったとしても、自分の価値さえ見誤らなければ、何度でもやり直しがきくので、自暴自棄にはならないで欲しい・・・同世代の皆さんに最近思うことです。

その会社で価値がないと思われたからリストラに合ったのではなく、その会社と「たまたま」相性が合わなかっただけなのです。その会社で優秀と思われ、リストラされずに残ったからといって、どの会社でも優秀とは限りませんよ。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
08/25(日):大阪市天王寺区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
サラリーマンの帰り道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか