4月に仕事を頑張ってはいけない3つの理由

東京マラソン

4月の金曜日と言えば、歓迎会。

介護が始まったことがきっかけで、あるいは介護とは関係なく、新しい会社に転職したり、部署異動したり(させられたり)、新しいポジション、新しい役割を担ったりして、気合いが入ってる方も多いと思います。

転職してきた新人さんに必ず聞いていたこと

会社勤めをしていた頃は、4月に新人さんを迎え入れるのが大好きでした。なぜなら、その会社や職場、部署にはない、斬新な考えを持っていることが多かったからです。

できるだけ早いタイミングで「うちの会社って、どこが変?」と、新人さんからヒアリングしていました。時間が経ってしまうと、会社の色、部署の色に染まってしまい、せっかくの個性が消えてしまうからです。

自分では当たり前と思っている仕事の進め方も、実はその会社独自のルールで成り立っていることが多く、長く会社に在籍している人ほど、そのことに気づいていません。外から来た人はその違和感に気づきやすいので、いつも質問していました。

わたしは5つの会社で働きましたが、転職直後に感じた違和感はリストアップして、1年後くらいに自分で見直すようにしていました。

4月に仕事を頑張ってはいけない3つの理由

特に4月は仕事を頑張ってはいけないというのが、わたしの持論です。理由は下記の3つです。

5月病になるのを防ぐため

転職したばかりの新人さんは、「仕事頑張りたい病」に陥る方が多いです。今年は特にゴールデンウィークの期間が長いので、この4月に完全燃焼したあと、長いGWに突入し、休み明けに出社拒否となってしまう可能性があります。

GW明けに転職活動すると、ポストが急に空いていることがあるのですが、おそらく5月病で出社できなくなった人の代わりを探しているからだと思います。

5月病にならないためにも、4月は仕事を頑張りすぎてはいけません。介護を頑張り過ぎてはいけないのと、全く同じ考えです。燃え尽きます。

頑張っても会社への貢献度は低いため

4月は前任者からの引継ぎや、その会社のやり方を学ぶ時期です。

いくら「頑張る! 」と気合いが入っていても、会社への貢献度はそんなに高くありません。4月はとにかくインプットが大切で、早く戦力になることが目標です。

早く1人前になりたいからと頑張る気持ちは分かるのですが、その仕事は1か月で終わるものではありません。その職場で1年、いや10年頑張りたいと思って、転職したはずです。

わたしも転職初心者の頃は、入った最初の月に意味なく頑張っていました。ところが何度も転職するうちに、1か月目はむしろ頑張らないくらいがちょうどいいと思うようになりました。

残業はかえって迷惑になることもあるため

4月は早く新しい仕事を覚えよう、認めてもらおうというアピールのために、意味なく遅くまで残り、上司や同僚にやる気を見せる人もいます。

しかし、上司や教育係の人も内心は「早く帰ってくれ」と思っていることがあります。新人指導している時間は、自分の仕事ができません。新人に帰宅してもらったあとで初めて、自分の仕事に取り掛かるという人もいるくらいです。

それに残っていても「残業してまでやるような仕事の分担はまだしてない」と考えています。

わたしはそういう気持ちを見透かして、定時に帰っていた経験もあります。退社後は職場近くのラーメン屋巡りをしていたのですが、ラーメン屋巡りができたのは入社してすぐだけ。その後は退職するまでずっと残業続きだったので、さっさと帰ってよかったなと今でも思います。

気の利く上司であれば「今日はもう帰っていいよ」という人もいます。

TBSオールスター感謝祭に重ねる

新しい仕事を頑張っている人を見ると、TBSのオールスター感謝祭のマラソンで、スタートダッシュしている芸人さんを思い浮かべます。

そのペースで走ったら、明らかにゴールできない。だけどテレビに映りたいからと、スタートダッシュをして、散々な結果に終わってしまうあの姿とリンクします。

芸人さんはそれでもいいと思ってスタートダッシュをしていますが、転職組はそんな気持ちではなく、その会社で長く働きたいと思っているはずです。

先はまだまだ長いので、マラソンランナーのようにゆっくりとしたスタートを切るのが一番だと思います。もし介護と仕事の両立をしているようなら、なおさら頑張らないでください。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
08/25(日):大阪市天王寺区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
東京マラソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか