東京都大田区の認知症介護講演会のお礼

くどひろのしれっとハンコ

東京都大田区の講演会にご参加の皆さまへ

講演会にお越し頂き、ありがとうございました!

参加者の8割が、このブログで講演会を知ってのご参加ということで、大変うれしいです。2割でも多いと感じるのに、8割とは!ブログ読者の方が多い都内でないと、この数字にはならないと思います。

今回の認知症介護の講演は、本でいうところの書きおろし(初めて世に出した講演)でした。参加者の皆さんの世代がいつもより若く、介護職の方も多いということで、自治体では絶対にやらない演目でした。

とにかくたくさんの情報を提供しようと思い、いつもより「遊び」がありませんでした。「遊び」も実は大切な要素なのですが、最後に時間が足りなくなって駆け足になる講演もたまにあります。今回はそれが無く、終わることができました。

講演で言い忘れてたことがありまして、後ろで本を販売していた男性が、わたしと一緒に『ムリなくできる親の介護』を作った日本実業出版社の編集の方です。

そして一番驚いたのが、多くの方が交流会に残ってくださったことです。参加者の7割?8割?くらいが、講演会後も残ってくださって、本当に驚きました。わたしだけでなく、医師に相談できる機会があったからだと思っています。

交流会の難しいところは、介護で大変な思いをされている方が、その心情をエンドレスに吐露することです。気持ちはとても分かるのですが、他の参加者が不完全燃焼で終わるので、あのオペレーションがベストだと思います。

主催者の方にくどひろハンコ&しれっとプレートを作って頂きました。(わたしと記念撮影のときに使うため)講演会で写真を撮ることは、毎回多くても3組くらいですが、せっかく頂いたので次回以降使いたいと思います。

講演会の「率直な」感想を、すでにtwitterやFacebookでは頂いておりますが、ブログコメントでも頂けるとうれしいです。

交流会やそのあとも多くの方とお話させて頂きましたが、バタバタしてしまって、きちんと時間を作ることができなかった方、申し訳ありません。

都内の訪問診療、在宅医療、認知症治療を検討されている方

都内の認知症カフェやイベント等でお会いする方から、「くどひろさんなら、都内のどの病院、どのお医者さんに認知症を診てもらいますか?」という質問を、今まで何度も受けてきました。

昔はお会いしたことないけど、〇〇先生かなとお答えしていた時期もあるのですが、今なら「おだやか診療所の上野先生」と答えます。講演でお話しした、あのような悪魔の処方をしない先生です。

特に大田区・目黒区・品川区・世田谷区の方で訪問診療、在宅医療、認知症診療を検討されている方は、一度上野先生を頼ってみるといいと思います。

講演会翌日は、筋肉痛に襲われました。理由は重い重いスーツケース。

講演会で販売した本は、実は自宅から手で運んだものです。大量の本に加え、配布したゴールデンライフというフリーペーパー、皆さんにご紹介したかった本、本販売用の小銭などが詰まったスーツケースを担いで、西馬込の階段を上がったからだと思います。

エレベーターを利用しながら、うまく電車移動できたのですが、西馬込駅だけうまくいかず・・・ご参加頂いた皆さま、主催者の皆さま、ありがとうございました!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら

【最新刊です!】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか