【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

祖母の7回忌で思い出した介護を始めた頃の失敗

お坊さん

昨日は、祖母の7回忌。

2013年11月4日に亡くなったのですが、思い出すのは田中マー君。

11月3日は楽天が日本一になった日で、すごい試合だなぁと思いながらも、祖母の容態に不安を抱えていたことを、今でも思い出します。

子宮頸がんで余命半年と言われた、当時89歳の認知症の祖母。何も判断できない祖母の代理人として、わたしが成年後見人となり、身上監護や財産管理を一手に引き受けました。

当時、銀行に行っても、セイネンコウケンニン?みたいな反応で、祖母の口座を探るのに数か月かかりました。

今の自分なら、子宮頸がんの手術をしたあと、療養型病床には入れず、自宅に帰ってきてもらう選択をしたはずです。当時は何の知識もなく、緩和ケアがあったほうがいいからというアドバイスのまま、きれいな病院を選択。

おじいちゃん先生が電子カルテの使い方が分からず、看護師さんを呼ぶ姿を見て、不安になったのは言うまでもありません。

そこでベッドから落ち、大腿骨骨折をしてからの祖母の弱るスピードは、本当に早かったです。結局、緩和ケアつきの病院だったのに、緩和ケアをすることもなく、寝たきりの時間ばかりが増え、亡くなってしまいました。

途中これはまずいと思って、何度も退院させようと、老健とかサ高住などソーシャルワーカーさんと話し合ったのですが、結局祖母の体調がついていけず、退院はできませんでした。

お寺で手を合わせながら、当時を思い出しました。祖母の介護の後悔は、父の介護のときに取り返したのですが、もっとうまく介護できていれば、祖母はもう3年くらいは生きたかもしれない・・今でもそう思うし、後悔もします。

でもその後悔の思いが、ブログになり、書籍にもなりました。講演会の話のときにも、気持ちが乗ります。そういう意味では、いい後悔だったのかもしれません。

祖母の7回忌

7回忌は、わたしと妹と母の3人の予定でしたが、妹は子どもの用事が急に入って欠席。わたしと母、和尚さんの7回忌となりました。

お寺に向かう途中、病院に行くものと勘違いしてた母。わたしは父の3回忌で2か月前に来たばかりでしたが、母は5年ぶりのお寺でした。

和尚さんがお経を読んでくださり、途中でお焼香を促されます。母は移動が厳しいので、わたしが歩行介助をして、一緒にお焼香を済ませます。

「南無阿弥陀仏、 南無阿弥陀仏 」

和尚さんと一緒にお念仏を唱える母を横目で見ると、手には数珠。そして爪がキラキラ光っています。

前回のデイサービスで、ネイルケア体験をしたので、爪がキラッキラッだったのです。静寂なお寺の御堂の雰囲気、手には数珠、爪にはマニキュア、真顔の母。

違和感だらけの光景に、なんとか笑いをこらえます。笑っちゃいけない状況だからこそ、何でもないことがおかしく感じるのでしょう。わたしも南無阿弥陀仏に集中し、7回忌は無事終わりました。

その後、塔婆をもって、お墓まで母と移動。この日はうちの後に大きな葬儀があったので、わたしが車で塔婆を運び、お墓も拝みました。

ここでも手足が不自由なので、墓石で体を支えるように母にいったあと、わたしはお花をセットして、ろうそく、お線香に火をつけます。

その後、母を拾って、お墓の前まで歩行介助。母とわたしは腕を組みながらなので、お互い片手で拝みました。

7回忌も終わったので、母とランチに。母はカレーを食べてましたが、その頃にはもう、7回忌もお墓参りもすっかり忘れておりました。

たまには手を合わせて、じっくり当時のことを振り返るのも、いいものですね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ