久しぶりに体感した働き過ぎたときになるワーカーズハイ状態のはなし

ランナーズハイ

ランナーズハイという言葉があります。どんな状態か、一応引用します。

ランナーズハイとは、大雑把な捉え方だと、長時間走り続けていくうちに、気分が高揚していくということ。一定以上の長い距離を走っていると、さっきまで苦しかったのに突然脚が軽くなって、呼吸もラクになり、気分がよくなる。なんだかどこまでも走れるような気がしてくる。

引用元: https://tabi-labo.com/288811/ua-runnershigh-and-music

仕事に置き換えれば、仕事が苦しかったのに、突然体が軽くなって、気分がよくなって、なんだかどこまでも働ける気がする状態。これをワーカーズハイと言います。

会社員時代に、わたしもワーカーズハイを経験しました。

  • コンサルタント時代、プロジェクトのカットオーバー直前の3か月間、ほぼ休まなかったとき
  • ある会社に入社してすぐの棚卸し。前任者の数字に間違いが多く、結局、朝4時までかかって会社で修正し、翌日以降も普通に仕事したとき

残業時間が凄まじいことになると、途中からだんだん気持ちよくなってきて、もっと働きたい!みたいになります。仕事が楽しいのならいいのですが、それで体を壊したり、病んでしまう方も。

フリーランスになってからは、ずっと文章を書いているので、ライターズハイとでもいうのでしょうか?10月は本当に忙しく、朝から晩までずっと文章を書いておりました。合間にしっかり、ドラクエウォークもやって。

11月になって、1日休んでみたのですが・・・

あれ、休む気にならない。てか、もっと書きたい。これ、完全にワーカーズハイです。このテンションで11月も仕事すると体を壊すので、強制シャットダウンするために、あることをしました。

マッサージ経験があまりないのに

昔から、肩もみなどのマッサージを美容室でしてもらうと、くすぐったくて、どうしてもダメでした。なので、今までマッサージというものを、ほとんど経験してきませんでした。

ところが最近は、美容室でもなんだか気持ちいい・・・。あれ、年のせい?

10月は目も頭も酷使してしまい、年齢的なものもあって、たぶん疲れているんだろうなと。それでマッサージ店で、目と頭を重点的にやってもらいました。

30分しっかりもみほぐしてもらったら、完全に寝落ちしてました。終わると、なんだかスッキリ。頭も首も肩も軽くなり、絶好調です。介護疲れで、マッサージに行く人いるんだろうな、なんて思いました。

おかげでワーカーズハイにならずに済みましたが、11月末も同じ状態になりそうなので、次は別の箇所をもみほぐしてもらおう。

筋トレもやりすぎたので、そっちが原因かもしれません。あるいは、ドラクエか?

この11月を乗り切れば、たぶん12月は少し余裕があるはずです。ただ、お仕事は急に入ってくることがほとんどなので、12月も忙しいほうがありがたいんですけど・・・さてさて。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
ランナーズハイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか