悩みを抱えたまま誰にも相談できないでいる介護者が全国にたくさんいる

泣く

わたしは本やブログ、講演会で7年以上、介護について発信を続けていますが、個別の介護相談は受けていません。わたし自身が現役の介護者であり、自分の介護もあるので、たくさんの相談を聴く余裕がありません。

発信することで、介護者の皆さんがご自身の介護環境と照らし合わせて、そこから自分で悩みを解決して欲しい!というスタンスです。

ただ、講演会の質疑応答コーナーと講演会終了後のフリータイム、介護のつどいに参加したとき、ブログに寄せられるコメント(SNSは返事できないことも)での介護相談は、答えというか、自分の意見を言うようにしています。

特に講演会終わりに介護相談を受けることが多くて、おそらく数百人の介護者とお話しさせて頂いたと思います。そこで感じるのは、介護の悩みを抱えていても、誰にも話せずにいる方が意外と多いということです。

悩みを打ち明ける相手

家族の介護や病気のことを誰かに打ち明けたいと思ったとき、皆さんは誰を選びますか?

例えば友人。同じ病気や介護の悩みを持っている友人ならばきっと、打ち明けやすいと思います。でも、幸せいっぱいな友人には、なかなか打ち明けづらいかもしれません。

例えば親族。時代の価値観が合わない親族であったり、これまでの人生でマウンティングされたりしていれば、親族に相談しようとは思わないはずです。

例えば会社の同僚や上司。介護を打ち明けた瞬間、会社での立場がおかしなことになるのではないか?仕事がしづらくなるのではないかと考え、打ち明けようと思わないはずです。

認知症カフェや介護の集いなど話す場所はありますが、そもそもその存在を知らない方が本当に多いです。

いろいろ考え、誰にも相談できずに悩み苦しんでいる中で、たまたまわたしの講演会を見つけ、自らの力で解決しようと参加される。

講演会後に、わたしに悩みを吐き出した瞬間にホッとして涙を流されます。わたしもグッとくる瞬間であり、強く共感する瞬間です。

わたしは在宅介護の悩みがメインですが、施設に親を預けている人の苦悩もいろいろあって、介護者の皆さんは何かしらの悩みを抱えています。

介護のプロでも、ご自身の家族の介護で悩んでいるケースもよくあります。仕事のように家族と接することができないと相談されたこともありますし、講演主催者の方も、何かしら介護を抱えていることが多いです。

介護を隠している人々

わたしもそうですが、普通の飲み会とかでいきなり介護の話はしづらいです。しかし、誰かがポロっと介護話をすると、実はわたしもと言って、次々介護話を打ち明けること場面はよくあります。

Facebookだと友人との距離が近すぎるので、Twitterをうまく活用して、介護の悩みを解消したり、知らない誰かに愚痴を聞いてもらう方は結構います。

介護経験者のほうがもちろん、介護への理解もあるので、相談しやすいかもしれません。でも、介護を経験していなくても、なぜか話を聞いて解決しちゃう人もいます。

結局、悩みをため込むこと自体がストレスになっていて、たとえ解決しなくてもいったん誰かに吐き出してしまうことで、少しだけラクにはなります。

どこで誰に吐き出すか、その場所探しで苦労し、疲れている方は全国にいっぱいいるなぁと実感します。思い切って身近なところで介護の悩みを打ち明けると、実は同じような環境の方、結構周りにいると思います。隠れ介護者は、本当に多いです。

どうしても悩みを打ち明ける相手がいなかったら、本にも書きましたがこういうところに電話してみるという方法もありますよ。

【認知症無料電話相談】 認知症110番の利用体験談



2020年にその悩み、持ちこさないでくださいね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

2 件のコメント

  • 現在90際の父と88歳の母の介護を自宅でしています。認知症は母のほうが酷く、父はまだ人の話が少しは理解が出来ます。母は今話したことも記憶に残らないので同じことを同じ質問を何度も繰り返します。最近は父も可也記憶力が劣化してきていて、自分が気になること以外は何も覚えていません。そんな二人と生活をしているので、全く会話が成り立ちません。矢張り我慢が出来ないと私も大きな声を上げて反論するのですが、そうすると二人してなんて娘だと非難をします。怒っても虚しいばかりなのですが、気持ちが晴れることはありません。どのようにして心の整理をしたら良いものなのか。

  • 保科さま

    コメントありがとうございます。

    わたしの場合ですが、認知症の親を責めると自分が怒って空しい状態になることが見えているので、そんな未来の自分を想像すると少しだけ責める
    回数が減ります。認知症は完治するものではないですし、親を何とかしようにもどうにもできないので、自分が変わるしかないという思いで今も介
    護しています。このブログやわたしの本に書いてあることが、参考になるとうれしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    介護作家・ブロガー
    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

    カテゴリ

    アーカイブ