認知症の経過報告(20週間目)

認知症の母(70歳)が、コウノメソッドと出会ってどんな経過をたどるかをひたすら書いております。20週間ということは、5か月目ということです。

認知症の母の状態と、現在行っている認知症治療

・コウノメソッド実践医にアルツハイマー型認知症(軽度)と診断されたのが、2013年4月上旬?
・おそらく1年前くらいに発症、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・サプリメントのフェルガード100M(1日2回)と、お薬レミニール4mgを1日1回処方。
・わたしは東京に滞在で、母は1人で生活

20週間目は特に連絡がなかったので、最近わたしが思っていることをお話します

認知症は治る病気ではないので、いかに進行を遅らせるか がポイントになるわけですが、あくまで ”遅らせる” だけであって、根治はしません。なんとなーく認めたくない、”認知症の進行” なんですが、ここ1ヶ月総合的に判断すると、”半歩だけ” 認知症が進んでしまっているかな?と思っています。

以前と比較して、どういうところが悪化しているかというと、

1.以前よりも会話ではなく、一方的に話す事が多くなった
2.同じ事を何回も言うのは前からだが、そのサイクルが短くなっている
3.いろんな出来事のパーツパーツをつなぎ合わせて話すことが多くなり、何が ”本当” なのか意味不明
4.言い訳が多くなった

1.はヘルパーさんは45分と決まっているんですが、40分過ぎたあたりからしゃべりだしたら止まらない・・・わたしが居る時は、『はい、時間でーす!』と言って、話を止めるんですが、ヘルパーさんにとってはたまらないですよね・・・・次の訪問先もありますし。

2.は以前であれば、5分に1回ぐらいのサイクルで同じ事を聞いてくる感じだったのが、最近1分単位で、ひどい時は30秒単位で同じ事を聞いてくるようになっています。さすがに30秒前のことすら覚えてないの?って思いますが、これが認知症なんですよね・・・・

3.はいろんな体験がミックスされていて、パーツパーツではどうやらあっているんですが、ミックスされるのでまるで違う話になる事が多くなっています。だから、わたしは話半分どころか話4分の1で聞いてます。

4.はいろんな事を忘れてしまうので、そのミスを言い訳でカバーするという意味です。認知症でなくても、人間自分はかわいいので、何かしら言い訳をつけて自己防衛をするのは分かります。分かってはいるんですが、さすがに言い訳ばかりされると、いやぁ~な気持ちになっちゃいますね。

20週間目でひとつだけすごかったこと

下記写真のお薬カレンダーには、使い方ルールがありまして、

『飲み終わったお薬の袋は、捨てずにお薬カレンダーに戻す』

お薬カレンダー

というのがあります。これは母が薬を間違いなく飲んだかどうかを、週1回くる看護師さんや薬剤師さんが確認するためのルールで、くすりの空き袋があれば、

『確実にお薬飲んだな!』

というのが分かるため、看護師さんが考えてくれました。でこの20週間目は、完璧に薬の袋を所定の位置に戻していました!これにはびっくりで、まともに薬やサプリを飲めない母が、1週間きっちりルールを守った! 奇跡に近いことかもしれません。

結論

お薬をルール通りに管理できたのはすごいことです!でも認知症自体は、ゆっくりゆっくり進んでいます。次はどういう手がいいか、ちょっと作戦を練りたいと思います。

フェルガードについての詳細記事は、フェルガードという米ぬかサプリメントとコウノメソッドのはなし に書いてあります。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/10(土):神奈川県横浜市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/18(日):岩手県八幡平市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか