お盆は認知症の症状が悪化するので、新しい対処法を試してみた結果

お墓参り

2017年の記事「認知症が進行したとは思う。でも深刻には考えてない認知症の母のお盆の様子」に書いた、お盆は特に認知症の症状が悪化するという現象は、今年も健在でした。

母は「自分が」お盆の準備をしないといけないという不安から、同じ質問を何度も何度も何度も繰り返します。

お墓の掃除、お花の準備、家に来る和尚さんへのお布施、お膳の料理の準備、お客さんは誰が来る、家族は誰が来るなどなど、これら質問を1日中エンドレスに質問してきます。

以前はQ&Aを紙に書き、それを母に見せることで、わたしが口頭で返事するストレスを軽減する策を講じてきました。

今年も同じ対策を考えていたのですが、Q&Aの紙を見ると質問したくなるようなので、別の対処法を試してみました。それは・・・

お盆の気配をとにかく消す という方法です。

お墓に持っていく花、お膳のお椀、お布施、すべて母の見えないところに隠し、直前になったら母に見せるのです。仏壇やお墓の掃除も、母がデイに行っている間にしれっと終わらせ、何事もなかったかのような日常を演出します。

家に来る和尚さんが驚かないよう、母の仏壇オリジナルデコレーション(仏壇に千羽鶴を飾る、祖母の写真、お寺の絵を飾る)をすべて外し、普通の仏壇に戻したら母も気づくかな・・と思って、様子を見ていたのですが、今年は認知症も進行していて、何も言われませんでした。

この対処法のおかげで、同じ質問の回数は昨年の半分にまで減りました。一応、成功はしたものの、テレビをつければ帰省ラッシュの話ばかり。どんなに気配を消しても、テレビ番組まではコントロールできません。

完全に気配を消すのはムリですが、昨年よりはストレスもなかったです。母は規則正しい、安定した日常が必要で、それ以外のイベントや行事があると、途端に認知症の症状が悪化するようです。

母の不安な気持ちを解消しようと、

「息子が帰省したってことは、全部息子がお盆の準備をするってことだから」

と言ってみたのですが、こちらは全く響かなかったようです。

認知症介護の大原則は分かっていても

「認知症の人は分かっていないようで分かっているから、きちんと何でも伝えたほうがいい」という大原則は分かっているのですが、さすがに同じ質問を1週間100回以上受け続けると、大原則もあったものではありません。

介護者がストレスを抱え、それを認知症の人に影響を及ぼすほうがよっぽど悪なので、わたしのハッピーさをお盆は優先させてもらいました。

祖母と兄が眠るお墓の前で、母と腕を組みながら手を合わせます。母の左手はわたしの右腕をつかんでいるため、拝むときは両手を合わせられず、右手だけで拝みます。

わたしは母の腕の震えを右腕で感じながら、墓への意識と母への意識を半々にしていつも拝みます。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======

講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
お墓参り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか