認知症の母の入院でわたしが毎日やっていたことから解放された

2012年から始まった認知症介護の中で、母がケガをしたり、指を切ったり、具合悪くなったりした回数は数えきれませんが、入院するほどの大きな病気はまだありません。

なので、今回の大腸ポリープ切除による2泊3日の入院は、今後を占ういい経験となりました。

コウノメソッドは中止に

母はコウノメソッドによる認知症治療をしています。

フェルガードというサプリメントを毎日飲んでいるのですが、やはり入院中は中止となりました。コウノメソッドは医師や病院を選ぶので、当然このサプリ何?となります。これは想定済みで、服用は中止しました。

もし今後、母が長期の入院を余儀なくされた場合は、どうやって認知症治療をしたらいいか、考えておかないといけません。ひとつ学習しました。

数年ぶりに訪れた見守りカメラチェックをしない日

わたしは東京の家にいても、友人とお酒を飲んでいても、講演で全国各地にいても、1日最低3回は、盛岡の母の様子を見守りカメラ『スマカメ』でチェックしています。

最近、IKKOさんが「スマカメ~」と「どんだけ~」と同じ口調でいうCMが放映されだして、ペット見守りカメラとしてさらに普及していくと思われますが、介護見守りにもぜひ活用して欲しいです。

母が退院したあと、岩手にいる妹が実家に数日泊まることになりました。

妹の娘は大学生で、息子は中学生。盛岡の実家に立ち寄ることはありますが、子育てもあって、泊まることはほとんどありません。

しかし今回は妹が母を見てくれるので、わたしは何年かぶりに、スマカメで盛岡の母の様子をチェックしませんでした。

ちなみに入院初日の夜だけチェックしたら、記事下の写真のとおり真っ暗。母が寝たあとはこういう映像になりますが、カーテンが閉まってないこの風景は、見守りを始めてから1度もありません。

スマカメで母を見ないって、こんなにも気がラクになるのか~ と感じた一方で、心のどこかで常に母を意識し続けていたことに気づきました。

今回の入院体験は、在宅介護を長年してきた方が、家族を施設に預けるときの感覚に少し似ているかなと思いました。

でも施設の場合、これでラクになる~という思いと同じ、あるいはそれ以上に「施設に預けた罪悪感」がすごくて、自分自身と格闘される方が多いので、だいぶ違うといえば違うのですが。

母はしれっと退院しました。入院中のせん妄もなく、院内を歩く時間もあったそうで、足腰も問題はありませんでした。

食事調整を数日行ったためか、退院後の食欲がハンパなかったそうで。それはよかったと思いつつも、母はなぜこんなにお腹が空いているかを理解していませんし、2泊3日いた病院を近所の百貨店と勘違いしていたようです。

手術はおそらく無事終了、もう1回経過観察をして終了になりそうです。最近、これほどの強い刺激が母に加わっても、しれっと忘れてしまうんですよね・・・これでいいとも思う反面、認知症の進行も感じます。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
10/18(金):長野県佐久市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 

4 件のコメント

  • お母様も、くどひろ様も、ご無事で何よりです。
    先に届いた、くどひろさんの本を読んで、まだまだまだ、介護者になれてないなと、ちょっと凹んだり、まっいいか、と思ったり。

    くどひろさんの情報量や、読書量、介護の知識や、思いが、半端ないので、しかも、現実に介護されているので、本当に、頭が下がります。

    スマカメにも興味あるのですが、まずは、私がスマホにしなければ。

  • ひまわりさま

    どうやら母は大丈夫なようです、ありがとうございます。
    わたしの本を読んで、まっいいかという反応でいいと思います。読者の方の選択肢というかカードが1枚増えてくれるとうれしいです。

  • 初めまして。 
    ご挨拶から書くと、長くなりますので、用件を書かせていただきます。御無礼、ご容赦ください。 
    ご存知かもしれませんが、万が一のため、書かせていただきます。 
    iPad、iPhone、マックなどのアップル製品についているFaceTime機能に受信側の画面が自動で開く機能が付いたとのことです。  
    私が、母のiPadにFaceTimeしますと、従来は、母が受信の操作(画面の受信を押す)をしないと母のフェイスタイムの画面が開きませんでした。現在では、マック製品のiOXが11、又は、それ以上であれば、受信側が受信操作をしなくても、自動的に開くようになったとのことです。 
    又、受信者(例えば、母)が、全ての送信者からのFaceTimeを自動的に開けるようにすると、家の中を世間に開示することになりますので、それを防ぐため、自動で開かせる機能を使える相手のApple IDを設定することで、自動で開くのを許可する相手が指定できるとのこと。  
    録画はできませんが、スマカメとして、テレビカメラとしても使えるということだと思います。 
    FaceTimeはアップル社製品のスカイプのようなもんです。スカイプを使っておりませんので、分かりませんが、アップル社に出来るならスカイプもできるだろと思います。 
    WiFiが必要なのが、不便と言えば不便ですが、現在では、工事なし、差し込むだけのホームルーターもありますので、投資が必要ではありますが、母と話せることで、私の安心料になります。 
    用件だけで、申し訳ありません。
    敬具

  • 辻さま

    情報ありがとうございます!

    受診する側が操作できないという視点は、認知症の方や機械になれない高齢者の場合はとても大切ですよね。だいぶ前にSkypeを使った見守りカメラを利用していたときは、自動で開く機能を利用しておりました。

    タブレットの利用を検討したこともあるのですが、うちはタブレット自体を母が片付けてしまうので、高い位置で母が触れないスマカメに落ち着きました。
    今だと、スマートリモコン(ディスプレイつき)の利用でも、見守りが可能になっていますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか