認知症の母が切り抜いた新聞の記事が少し切なかった話

認知症 新聞

認知症の母(要介護2・74歳)は、新聞に目を通すのが日課だ。

たまに「認知症でも、新聞読めるんですか?」とか言われるけど、うちの母は読める。

でも読んだ記事は、当然のことながら読んだそばから忘れていく。

新聞の意味はあるのか?と思われるかもしれないが、新聞はカレンダー代わりとして役立つ。

新聞の日付で今日を知り、壁掛けカレンダーで今日の予定をチェックすることもある。

しかし、母は新聞の整理がいいかげんで、昨日の新聞や、一昨日の新聞を平気で読むこともある。

そんな感じでも、新聞を取り続けているのは、見てるだけでもいいから文字に触れて欲しいし、何かを感じて欲しいから。

「新聞は認知症のお薬みたいなもの」とわたしは考えていて、全く読まなくなるまでは取り続けるつもり。

母は『岩手日報』という地元最大の新聞を読んでいる。

盛岡では読売も朝日も読んでいる人は少なくて、ほとんど『岩手日報』なのだ。

そんな地元紙に、たまにわたしの写真が載ることがある。

本を出版した直後とか、講演会があったときに取材を受け、岩手日報に掲載される。

普通はうれしいことなのだけど、母はわたしが介護作家であり、ブロガーであることは知らない。

母は「大企業のエリートサラリーマン」だと信じてくれているから、新聞に載るとまずいのだ。

最初に『岩手日報』に載った時は親戚から電話がかかってきたから、母には絶対言っちゃだめ!という「かん口令」を敷いた。

認知症だから、見られたとしても忘れるでしょ?と思われるかもしれないが、母は気になった記事を切り抜く習性がある。

それを何度も見返すうちに、記憶に定着することもある。

もちろんそこから脳の誤変換が始まって、全く違う話になることはいつものこと。

しかし、自分の息子が地元の新聞に載ることは、認知症とて鮮烈な記憶になるはず。

わたしの仕事がバレることは、母自身が認知症だと記事でハッキリ知ることでもある。

母は自分のことを認知症だと思っている節もあるし、年相応のもの忘れと思う日もある。

6年も揺れ動いている母に、新聞の記事で引導を渡す必要はどこにもないのだ。

今までどう対応していたかというと、まず記者の方から掲載日を聞く。

その掲載日に合わせて盛岡に帰省し、朝6時に起床、自宅ポストにダッシュする。

わたしの掲載ページだけをビリっと破り、何食わぬ顔して残りの朝刊を居間に置いておく。

ものすごく違和感があるはずなのに、母はしれっと新聞を読むからありがたい。

先日、講演先のセンター長からありがたいお言葉を頂戴した。

「岩手日報は電話で止めることができるんですよ、取り置きもしてくれます」

たしかに・・・・・・・その手があったか!

先日の盛岡講演も岩手日報に載ったのだが、東京から電話1本で新聞をスマートに止めてやった。

「6月22日の新聞は、配達しないでください!」

朝6時の自宅ポストダッシュ&新聞破りなんて、必要ないのだ。

うーん・・・今まで何やってたんだ、おれ。アホなのか?

母の新聞の切り抜きで多いのが、岩手出身で活躍している大谷翔平くんとか、ボルダリングの伊藤ふたばさんとか。

あとは犬の写真、たまにリフォームのチラシを取っていることもある。

通信販売系は電話して注文する可能性があるので、わたしが定期的に廃棄している。

何枚か廃棄していたら、この切り抜きを見つけた。

「家族に迷惑をかけたくない!!」

もの忘れが改善する?サプリメントの広告だった。

母はなぜ、この広告を取っておこうと思ったのだろう。

母は息子に迷惑をかけていると、心のどこかで思っているのだろうか。

息子が東京から頻繁に駆けつけていることを、申し訳ないと思っているのだろうか。

自分が認知症なのかもしれない、いや年相応の物忘れなんだ・・・そんな心の揺れもあったのかもしれない。

大丈夫だよ、家族に迷惑なんてかかってないから。

誰もが老いるし、誰もが認知症になるんだから、お互いさまだって。

それに介護は自分のためにやってるから。

通販チラシを捨てるつもりでこの切り抜きを見つけたから、廃棄作業が一時ストップしてしまった。

これ、いらないよ・・・

母に気づかれることなく、そっと新聞の山の途中に差し込んだ。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/03(水):岩手県平泉町  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
11/25(日):茨城県常総市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 
認知症 新聞

6 件のコメント

  • 切ないですよね。
    私も似たことがちょくちょくあり、その度に母に隠れて涙ぽろりです。

  • はい…切ないです。くどひろサン!朝から涙あふれましたよ〰️
    お母様の思い、くどひろサンの思い 同じだなぁって。
    私も自分のために介護してる。
    元気いただきました❗

  • 函館の女さま

    あら、泣かせてしまいました・・・失礼しました。でも元気になって頂いて、よかったです!
    この記事過去最高に読まれたかもしれません、こんなに反響があるとは思いませんでした。

  • 私もアルツハイマー認知症の母と一緒に暮らしてます。(⌒‐⌒)本当に母には、今まで本当に色々と迷惑をかけて来て…本当にご苦労様!お疲れ様と言う気持ちで…。一緒に暮らしてます。(⌒‐⌒)そりゃ❗️色々と大変ですよ…けど!母は、それ以上に大変な思いをしてきたのに!文句❗️1つも言うわないで…頑張ってくれたんです。本当に今!出来るだけの恩返しです。(⌒‐⌒)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか