もし母が認知症になっていなかったら、わたしの仕事を応援しただろうか?

認知症 仕事 応援

この介護ブログをはじめて、6年になります。

最初は「40kaigo」というハンドルネームでスタートしたのですが、本を出版する機会に恵まれ、その名前で本は出版できないと分かったときペンネームを考えました。

認知症の本を出版したことが母に知れてしまうと、本のタイトルで自分が認知症だということを知ってしまうし(一部、自分でも認知症だと思っているけど)、わたしも積極的に母に認知症という事実を伝えてこなかったので、本名ではなくペンネームという選択をしました。

出版すると地元メディアで取り上げられることもあり、母が偶然目にしたとしてもバレないための対策でもありました。これは母だけでなく、亡くなった父や父の親族に対しても同じことでした。

家を出た父に、母との介護の話を読んで欲しくないと思っていた部分もあります。結局、父が倒れ、余命わずかと分かったときに伝えたほうがいいと思い、本の詳しい内容は伝えなかったものの、作家として活動していると伝えました。

父の葬儀のとき、棺にわたしの本を入れて天国で読んでもらうことにしたので、そのタイミングで父の兄妹にも作家活動について伝えました。わたしが想像していた以上にみんなが驚き、そんなに驚くことなのか正直思いました。

父の妹がわたしの本を売ってくれる

特に驚いたのが、おばさん(父の妹)の行動です。

わたしの本を友人、知人に紹介しまくって、数十冊を販売してくれました。その知人が新聞でわたしの本を見つけたといって、切り抜きをくれたりしました。

他の親族もわたしの本を読んでくれたみたいで、お褒めの言葉を頂いたり、まだまだ生ぬるい介護だという感想を頂いたりと、さすが親族だなと思いました。わたしは自分の介護を他の人と比較したり、されたりするのが好きではありません。うちのほうがもっと大変という介護自慢が、本当に苦手です。

おばさんがこうやってわたしの本を売ってくれている姿を見て、ふと思ったことがあります。それは

くどひろ
もし、母が認知症になっていなかったら、わたしの本をおばさんのように宣伝してくれたのだろうか?

ということです。

母には、自分の仕事を一生伝えることはないと思います。今まではそのことに寂しさを感じなかったのですが、おばさんの動き方を見ているうちに、親としてどう思うのだろうと考えてしまいました。

この前、母は大学生の孫にこんなことを言ってました。

あんたね、銀行とか役所は安定しているから、そういうところに行きなさいよ

今、最も安定してない銀行を勧めるところが笑ってしまうのですが、昔の考えの安定志向です。わたしが会社を辞めてフリーランスで働いていると今伝えたら、母は自責の念に駆られるのと同時に、そんなリスクある働き方で大丈夫?と何度も繰り返し言うでしょう。

実は、母にこういう質問をしたことはあります。

くどひろ
ねぇ、もし自分がさ、本を出版したらどう思う?

すると母は、

あんたは小さい頃から好奇心旺盛だったから、本は書けると思うよ

と言ってくれました。昨日デイサービスに行ったことは忘れてしまっても、息子の小さい頃の思い出はしっかり覚えているあたりがいかにも認知症だよな・・と。

親のように、わたしの本を宣伝してくれるおばさんには、感謝しかありません!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか