【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

4時から朝食の準備を始める認知症の母とわたしの対応

ホワイトボード

認知症の母は、2人分の朝食の準備をします。

準備を始めるきっかけは、冷蔵庫にマグネットで貼ってあるホワイトボード。

わたしが前日夜に書いた「ひろは2階にいます」の文字を見て、息子が2階にいることを思い出し、朝食の用意をしなきゃスイッチがONになります。(記事タイトル下の写真が現物)

台所のテーブルの上には、朝食で使うお皿が2枚並んでいます。これも「2つ」並べておくことで、息子が東京から帰ってきているサインになるため、いつも前日の夜に準備しています。

皿を2枚並べて、息子の帰省を母に知らせる

こうした準備をもし忘れてしまうと、母は普通に自分の分だけ朝食を作って食べ、わたしが起きて2階から降りてきた頃には「あれ、あんたいたの?」となります。

息子の起床を待てない4時の朝食

最近の母は、「待つ」という行為が苦手になりつつあります。

母がホワイトボードを見た瞬間から、朝食を作り始めます。6時に起きてくれればいいのですが、たまに4時台に起きて、朝食を作ることもあります。

当然、わたしが起きて朝食を食べる頃には、つめた~い目玉焼き、もやし炒めになっています。

夏だからつめたくていいや~ とはならないので、1階の台所がガタガタ言い出したら、わたしは布団から手を伸ばし、スマホのスマカメをON。母の朝食の様子をカメラで確認したら、眠い目をこすりながら1階へ下ります。

わたしは元々超朝型人間です。会社員時代は働き過ぎて、「休日の寝過ぎはもったいない病」にかかってからというもの、20代後半から6時起きは割と普通です。とはいえ、さすがに4時起きはキツイのですが、母の超早い朝食につきあうようにしています。

特にデイサービスの日は、遅れてはいけないという思いになるのか、朝食の時間が早くなります。デイの日はわたしも送り出しをする必要があるのでそのまま起きてますが、何もない日は朝食を食べたあと、また寝ます。

しあわせな二度寝タイム

母は洗い物が雑なので、わたしが食器やフライパンを洗ってから、2階で二度寝タイムに突入します。

朝食をレンジでチンすれば、早起きしなくていいと思われるかもしれませんが、雑な洗い物が食器棚に蔓延してしまう恐れもあって、一緒に食べてしまったほうがわたしの仕事が減るのです。

母の超早い朝食につきあったご褒美として、9時くらいまで寝ます。幸せな二度寝ができるといいのですが、こんな日もあります。

今デイサービスから電話があって、迎えに行くから準備しなさいって。

朝4時や5時に、デイサービスから電話が来るはずがありません。

母の妄想スイッチは、わたしが怒ったら最後なので、冷静に固定電話の着信履歴を母に見せ、「ほら、電話来てないでしょ」と言うと、「あら、おかしいわね。電話が鳴った気がしたんだけど」となります。

このように大声で1階から呼ばれ、二度寝タイムを邪魔されることはよくあるので、二度寝していても、また起こされるのでは?という気持ちにもなります。それでも、今のところは夜中に起こされることはほぼないので、夜に寝られるだけありがたいという思いです。

ちなみにこのブログの下書きは、気持ちよく二度寝していたのに、叩き起こされてしまったときに書いたものです。起こされた直後はイラっとしましたが、文章にしたことで穏やかになり、夢の中へと戻りました。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ