テーブルの汚れに激しくこだわりを持つ認知症の母のためにやった対処法

認知症の母のこだわりはいろいろあるのですが、最近スイッチが入ってしまったのが、ダイニングテーブルの汚れです。

家出する前の父、威勢のよかった祖母、料理上手な母、わたしと妹、家族5人でこのテーブルを囲み、食事をしていたこともあります。おそらくこのテーブルは買ってから40年以上経過しています。

誰も座ることのなくなったテーブルは、料理を一時的に置く場所として今も現役です。40年も使っていると、汚れが層のように重なり、ふきんでは落ちないほどになりました。

わが家への来客は訪問看護師さんやヘルパーさん、理学療法士さんぐらいしかいないのですが、「汚れたテーブルをお客さんに見られたら、恥ずかしい!」というスイッチが、母に入ってしまいました。

ある日帰省すると、テーブルの汚れを隠すために新聞紙が敷き詰めてありました。ダイニングテーブルに新聞紙を敷き詰めるほうが、よっぽど恥ずかしいのですが・・・

1日3回の食事の都度、「テーブルが汚い」と言い続ける母。さて、どうしましょう・・・

認知症の人のこだわりの対処法

初心に帰って、川崎幸クリニック院長・杉山孝博先生の認知症の人のこだわり対処法をおさらいします。

①こだわりの原因をみつけて対応する②そのままにする③第三者に登場してもらう④場面転換をする⑤地域の協力、理解を得る⑥一手だけ先手を打つ⑦本人の過去を知る⑧長期間は続かないと割り切る―という方法だ。

http://www.alzheimer.or.jp/?p=3380

わたしは最初②の「そのままにする」で、この難局を乗り越えようとしました。

難局というほどでもないと思われるかもしれませんが、1日に何度もテーブルのことを言われると、他の人から見ればどうってことないことでも、家族としてはすぐ「イラっと」スイッチが入りやすくなります。

そして⑧の「長期間は続かないと割り切る」ことも知っていたので、待ってみました。1日、1か月、3か月・・・あれ、止まらない。母は数年単位でこだわっているものも多いので、今回は割り切るのもダメでした。

やむを得ず①こだわりの原因をみつけて対応する を実行することにしました。テーブルの汚れが気になるのなら、汚れ自体を落としてしまえばいいと。

テーブルはもう古いので、多少傷がついてもとにかくキレイにすることを目的にしました。家にあった激落ちくんで、テーブルを磨いてみました。

すると・・・

40年分の汚れは難敵で、かなり力が必要でしたが、割とキレイになりました。1日では終わらなかったので、もうちょっとキレイになるまで頑張ってみたいと思います。

母に早速、キレイになったことを報告しました。

くどひろ
ほらみて!テーブルキレイになったでしょ?デイサービスに行ってる間に、頑張ったよ
なーに言ってんの、わたしがこの前ふきんで拭いたからでしょ

でた!お手柄泥棒!

そして後日、母は「なんかちょっとテーブルが白すぎてイヤね」と・・・どっちやねん!ちゅう話でした。

ここでブチギレするご家族もいると思いますが、もっと大変な在宅介護の場面はたくさんありますからね。笑い話にするくらいがちょうどいいです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら

【最新刊です!】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか