【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

認知症の母と久しぶりに電話で会話して分かったこと

電話

先週、認知症の母と久しぶりに「電話」で話をしました。

遠距離介護中のわたしはよく、「どのくらいの頻度で電話しているのですか?」と質問されるのですが、答えは「ほとんど電話することはない」です。

理由は2つあって、1つ目は息子だからです。世代にもよると思うのですが、母と息子で頻繁に電話のやりとりって、一般的にあります??娘なら多いと思うのですが、母が認知症になる前から、ほとんど連絡することはありませんでした。正直なところ、照れもあります。

2つ目に、見守りカメラがあるからです。わざわざ電話をしなくても、母の様子は手に取るように分かります。元気そうな表情も分かるし、昼ご飯のメニューも分かります。

そんなわたしがなぜ「電話」をしたかというと、「息子である自分を覚えているか」を確認するためです。

わずか2か月ちょっと会わないだけで、息子を忘れるはずがない!と思う方もいると思いますが、認知症は急に進行することは珍しくありません。病気やケガ、日常であっても、何かをきっかけにして、急速に悪化することはよくあります。

くどひろ
あ、もしもし。ひろだけど。(オレオレ詐欺対策のため、あ、おれとは言わない)
あら、なに。
くどひろ
今日はデイサービスの日だけど、準備できてる?(見守りカメラでチェック済みなので、準備万端なのはわかっているけど)
わたしはね、小学校の頃、学区外だったから、準備するのが早いのよ

認知症になる前の母だったら、コロナについてのやりとりや、久しぶりの親子の会話もあったと思います。しかし東京のコロナの状況を母は分かりませんし、最後に会った3月末のことも母は覚えていません。なので、用件だけ話し終わると、母のほうが電話を切ってしまうことも増えました。

このやりとりで、息子のわたしをまだ覚えていることが分かったのですが、1番安心したポイントはそこではありません。「学区外~」という母の言葉です。

デイサービスの準備が異様に早い母は、その理由を「自分が学区外から学校に通っていたから」と必ず言うのですが、その言葉を言ってくれたのです!

いつものわたしなら「また出たよ、学区外の話」と、心の中だけで言うところです。100回どころか200回以上、この話は聞いています。しかし、2か月以上母と会えていないこの状況では、「学区外、懐かしいよ~」となりました。

母が息子をどうやら忘れていないという確認はできたのですが、実は「電話」をした理由はもう1つあります。あまり2回に分けて記事を書くことはしないのですが、この続きは水曜日の記事でご紹介します。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見させていただいております。
    「学区外~」という難しい言葉をまだお使いになっててよかったですね。
    安心されたことと思います。
    私も認知症の母をかかえて遠距離介護しています。(東京~愛媛)
    毎日1回は電話するのが日課です。
    毎日母のことで一喜一憂していますが、最近は母は大丈夫よとしかいいません。
    スマカメを付けたいと思いますが、アナログ人間の私でもセットできますか?
    ひろさんと同じく私は3か月に一度の帰省ですが、5月は帰省できませんでした。
    弟が急逝してから健在の子供は私一人となり、父もふくめて21年あまり実家の支援をしています。
    私66才もまだ介護施設で勤務しています。
    公私ともに老々介護です。(笑)

  • みかんの花さま

    ブログ読んで頂き、ありがとうございます!

    西日本豪雨の日に松山に行ったところ、高知行きの高速バスが運休となり途方に暮れたことを思い出しました。

    できれば周りの親族、友人、知人などにお願いして、スマカメをつけるといいかと思います。設置自体は難しくないのですが、インターネット回線がご実家にあるかないかでだいぶ環境は違ってきます。スマカメを使っている介護仲間はみんな、これなしの介護生活は考えられないというほど便利ですよ。挑戦してみる価値はあると思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    介護作家・ブロガー
    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
    【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

    カテゴリ