認知症の母を歯医者へ連れて行けばいい話がこじれすぎてしまったワケ

入れ歯

うぎゃー、口の中がカビで真っ白って、どういうこと??

認知症の人の「入れ歯」に注意!口腔カンジダに母がなりました! という記事を書いてから、わたしは母の口の中を定期的にチェックするようになりました。

最低週1回はポリデントで入れ歯洗浄をしていますし、デイサービスにお願いをして、入れ歯の泡みがきで入れ歯洗浄を行っています。

その日も夕ご飯のあと、母の入れ歯を外し、わたしは薄手の手袋をして、母の入れ歯を念入りにブラッシング。その後、ポリデントでつけ置き洗いをしようと思った瞬間、

ツルン・・・ガシャン!

うわぁーーー、やっちまったーーーー、母の入れ歯を割ってしまった!!!

入れ歯を壊して大騒ぎするわけ

入れ歯を割ると、母と一緒に長期間、通院しなければなりません。

遠距離介護なので、ずっと通院はできず、一部ヘルパーさんに通院の付き添いをお願いする必要があります。

また、母は認知症ですから、入れ歯の違和感がなくなるまで、エンドレスにわたしに訴えます。

わたしの大変さばかりを書いてしまいましたが、母自身もしばらく不自由な生活を強いられます。

入れ歯を歯に固定するための留め具(金属)の部分が欠けてしまったので、その破片を持って歯医者に行き、くっつけてもらおうと考えました。

破片はどこだろう・・・排水溝の中に入ってしまったのかな・・ない!

シンクの外に飛んでいってしまったかな・・・ない!

あるはずの入れ歯の破片が、いくら探しても見つかりません。

とりあえず、母に報告して謝ることにしました。

くどひろ
ごめん、入れ歯割っちゃった!

いいのいいの、そんなに違和感ないし

謝ったあとで、わたしはあることに気づきました。

ひょっとして、自分が入れ歯を割ったのではなく、洗う前から欠けていたんじゃないかと。だから、破片がどこにもないのではと。

母がひとりで生活している間に、入れ歯を割ってしまい、そのこと自体を忘れてしまっているんじゃないかと。

もうひとつ、そもそも留め具がない状態で、入れ歯の調整が終わっているかもしれないと考えました。

母に聞いても、認知症なので記憶はありません。そして、母は違和感を感じていません。

わたしは欠けた入れ歯の写真を撮影し、ひとりで歯医者に行って写真を見てもらいました。歯医者で待つこと15分、うちの事情を理解している歯科医が出てきて、こういいました。

歯科医
息子さん、これ割れてますね
くどひろ
やっぱり!

これで歯医者の通院が確定・・・また面倒な通院生活が始まります。

毎週歯医者に連れて行けないので、岩手に居る妹の予定をLINEで確認すると

そういえばこの前、入れ歯のかけらがあって、なんだろうと思った

やはり、母は自分で入れ歯を割っていたようです。

妹は2週間先まで予定がつかず、ケアマネに連絡して、ヘルパーさんに通院の付き添いをお願いしました。

わたしが福井で講演する15分前に、歯医者から電話があり、母の病状の説明をしてもらいました。今の状態でも入れ歯は問題なく利用できるため、わたしが次回帰省する際に、改めて治療します。

母が「入れ歯割ったから、歯医者連れてって」と言ってくれれば、ここまでこじれはしなかったのですが・・・。さすがにそれはできないよね、分かってる。

ただ入れ歯が欠けたというだけのお話ですが、ここまで話を膨らませてくれた母に感謝です。認知症介護、面白いですね~

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
10/18(金):長野県佐久市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
入れ歯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか