認知症の母と高校野球をTV観戦したときのはなし

高校球児のバッティング

母とわたしで、高校野球をテレビ観戦しました。カードは岩手県代表の盛岡大付属高校 vs 茨城県代表石岡一高戦です。

(高校球児を見て)今の男の人って、口紅塗るようになったのね
くどひろ
高校球児が口紅塗るようになったら、全国ニュースになるでしょ。汗だくの人が口紅塗ったら、すぐとれちゃうでしょ
いや、わたし、デイサービスの車の中からよく、男の人が口紅塗っているところ見るし
くどひろ
いやいやいや、それは絶対にないって
この前も、男子高校生が口紅塗ってたところ見たし
くどひろ
(これ以上やりあうと地獄を見るので、一旦スルー)・・・・
そういえばあんたの高校、甲子園行ったでしょ
くどひろ
(そういうことは覚えているんだと思いながら)行った、行った。30年前の話だけどね
何回戦まで行ったの
くどひろ
お盆の渋滞の中、甲子園までバスで応援に行ったのに、1回戦でボロ負け。
ほら。あの男の人、口紅塗って出てる!
くどひろ
(また来た!と内心思いながら)テレビの映りがいいから、唇の赤がくっきり見えるだけだって
いや。わたし、この前も高校生が口紅塗ってたところ見たわ。デイサービスの車の中から。
くどひろ
<口には出さずに、心の中でこう思う>最近は母のイメージした妄想を、修正するのはムリ。てか、デイの送迎時間の朝9時に、男子高校生が口紅塗っているって、意味不明。と思いながら、再びスルー)・・・・
そういえば、わたしも甲子園に応援に行ったことある
くどひろ
(何それ、話が飛躍し過ぎてて、これは面白い!)ちょっと待って、女子高出身でしょ。女子は春の選抜には出られないから
え~、わたし、甲子園に行ったような気がするんだけどな・・・

試合は9回2アウトから、盛岡大付属が2点差を追いつき、延長でサヨナラ勝ちしました。本当にいい試合だったのですが、2.5時間の試合中に母と話したことは、

  • 高校球児が口紅を使い始めた
  • 女子高出身の母が、甲子園の応援に参加した
  • わたしの出身校が30年前に甲子園に出た(←これだけは正しい)
  • 盛岡大付属高校の昔の高校名は何ていうのか
  • 石岡一高は何県代表なのか
  • デイの送迎車が、車がひっくり返るほどの坂道を登ろうとする

この6つの話題を延々とループする、2.5時間でした。

最近の母は、作話率がどんどん上がっていて、わたしから見ると5割を超えてきたように感じます。

あと自分が未体験なものまで「わたしはやったことある」「わたしは行ったことがある」と何でも言うようになり、女子高出身の母が甲子園で応援するのはさすがにムリがあるので、否定しました。

認知症介護で「否定しない」という介護の方法があります。わたしも多用しているのですが、あまりにおかしい場合のみ、割と強く否定します。それが強すぎるとケンカになることもあるので、ケンカにならない手前の強さで否定したり、あまり何度も否定しないように気をつけています。

認知症の人にはよくないことは分かっているのですが、これはあくまで自分のため。どこかでガス抜きをしないと、もっと強く母を攻撃してしまうためです。

「1+1って、答えが4になるらしいわよ、知ってる?」という話を、何度も聞かされたら、人間誰だって一度はツッコミを入れたくなるのではないでしょうか?その気持ちに割と近いです。

口紅の件は半年以上言ってるので、ブームが過ぎるのを待つしかない感じです。ドラマに出ている俳優さんならまだしも、大関昇進確実の貴景勝の唇を見て「この人、口紅塗ってる」と言ったときは、さすがに「力士もか!」と声が出てしまいました・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
06/26(水):福井県福井市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
07/06(土):岩手県大船渡市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
08/25(日):大阪市天王寺区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
高校球児のバッティング

2 件のコメント

  • 中継で見たことがありますよ、球児がリップクリームを塗っているところ。球児とは言えいまどきの男の子。砂ぼこりの中唇が乾燥するんだなと驚きはしませんでしたが。

  • 通りすがりさま

    ありがとうございます、確かにリップクリームは世代も性別も問わず使いますね。

    唇の赤さを、母は気にしているようですね。
    テレビを見て唇が赤い → これは男性も口紅を塗っているに違いない という感じです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか