コロナ禍で親の認知症が気になる方はこちら!

2014年の介護はどうなる?

2014年がスタートしました。

「2014年の介護はどうなる?」 って、まるで日本全体を占うかのようなタイトルにしてしまいましたが、すみませんわたし自身のことです。2014年は3つほど大きなポイントがあります。

1.実家へ帰る頻度を減らす

「遠距離介護の交通費は、誰が負担していたか?」

というと、亡くなった祖母です。祖母の成年後見人であった私は、家庭裁判所に介護の必要支出として申請し、認めてもらいました。祖母の費用でしたが、母の面倒を見るためでもあったので、わたしが負担していた交通費はゼロです。

今後は、誰かが交通費を負担しないといけません。そこで、

・実家へ帰る頻度を隔週から、1ヶ月に1回にして長く滞在する
・交通費は、亡くなった祖母の遺産(母の財産)を切り崩す

という方針を、家族で決めました。2013年は最高で月10万円の交通費という月もありましたが、2014年は割引も利用して、月2万円弱ぐらいになります。いずれもわたしは負担しません、時間だけ負担します!

「親の介護費用は、親のお金を使う」

意外と責任感?からか、自分で介護費用を捻出する方って多いです。ブログのサブタイトルでもある、「ひとりでがんばらない」 というのは、介護費用についても含まれています。今後も ”時間” は使いますが、”自分のお金” は使いません。

2.離婚問題

2014年の最大の課題は、両親の離婚ですね。23年も別居しているので、離婚することはわたしも妹も異論なしです。問題は、

「離婚することで、認知症がさらに進行してしまわないか?」

この1点だけです。実質、離婚状態でありながらも、精神的にショックを受ける可能性はあります。こういう精神状態、認知症にはマイナスです。様子を見ながら、そのタイミングをはかりたいと思います。

先日、役所に行って、離婚届をもらってきました。わたしは証人の欄に早速記入したんですが、隠してあります。

3.「認知症」 についての活動を活発に

オレンジアクトという認知症の会員になっています。認知症カフェにも1回行き、認知症の講演会にはいろいろと参加しました。2014年は、こういったリアルな場所に、もっと積極的に参加します!

「他の方の介護の話をリアルに聞くのが、一番参考になるし面白い」

そう思っています。本やブログもいいんですが、生の声はとても参考になります。認知症ブロガーの方が、自分の体験談を講演する なんていうのもいいと思うんですよね~ クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げて、会場費を集めば可能かな・・・ニーズがあれば・・・

本年もよろしくお願い致します!

 

2014年がスタートしました。

にほんブログ村 介護ブログへ


2020年7月末発売から、わずか1か月で重版!近距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した新ジャンルの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。2度の介護離職、成年後見人経験者。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか