【重版】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

「認知症」 と 「火事」 と 「遠距離介護」 と

認知症の母(70歳)はひとり暮らしですが、遠距離介護をしていて心配なのが 「火事」。

冬場は 「火事」 の リスクが高まります。この1年でやった 「火事」 対策をまとめてみました。

1.IHクッキングヒーターかSIセンサーガスコンロか

【質問】 「認知症にはIHクッキングヒーターがいい」 は本当に正しいのか?

という記事を以前書きましたが、我が家の最大の 「火事」 リスクはガスコンロです。料理好きな認知症の母ですが、火をつけっぱなしでいろんなところへ行ってしまいます。SIセンサーガスコンロという、みなさまの家にもあると思われる、突起のついたコンロが “1か所だけ” ついています。

うちは3口のコンロなんですが、突起は1か所にしかついてません。2か所は燃え放題・・・・焦げた鍋がすでに何個かあって、とてもリスキーなので今月中に変更します。SIセンサーガスコンロの全箇所突起つき、コンロはひとり暮らしなので2口に減らす予定です。

2.石油ファンヒーター

石油ファンヒーターを、今までは使っていました。最近の石油ファンヒーターは3時間延長ボタンがあって、そのボタンを押さないと運転延長されないので、つけっぱなしリスクはないです。

どちらかというと、灯油切れ が問題です。冬場で灯油がないのは大問題で、昨年経験したので、定期配送に切り替えました。これで灯油切れはなくなりました。

それでも不安なので、亡くなった祖母の部屋にあったエアコンを移設しました。これで問題なかったはずなんですが、今度は母が、

「電気代がもったいない・・・」

「火事」 のリスクは減ったんですが、暖房をつけようとしません。風邪をひきやすくなってます・・・・(笑) 難しいですよね、良かれと思うと裏目に出たり・・・認知症の人の頭の構造を知りたい・・・・

3.火災保険

今まで入っていた火災保険が本当に意味があるのかどうか、見直しをかけています。認知症で不安だったのが、

「火元がうちで、ご近所まで火事が広がったらまずい」

という事だったんですが、保険クリニック的なところのコンサルタントに聞いたところ、

「それぞれが自分の家に保険をかけるものです。出火元に責任はありません」

とのこと。てっきり、近隣分の火災保険をかけるものとばかり思っていました。失火責任法という法律で、出火元には責任がないということ。近隣への補償をどうしたらいい?なんて考えていたんですが、自分の家の復旧をメインに、火災保険を今月中に見直します。

調理周りだけ考えていましたが、石油ファンヒーター(灯油の在庫問題)、火災保険など、認知症でひとり暮らしをしている場合、考えないといけないポイントはまだまだあります。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
11月7日(土)東京都葛飾区【満席】 → 締め切りました
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか