高齢者の熱中症対策!「エアコン」最新事情

エアコンをリモコンで操作

急に暑くなり、そろそろエアコンをつけようか・・なんて時期になってきました。特に高齢者、認知症の方の「熱中症」が心配な季節です。今日は、ここまで進化してる!エアコン最新事情をご紹介します。 

エアコンを購入しようと考えている方

日立、三菱、Panasonic、DAIKIN、富士通ゼネラルなど、大手エアコンメーカーの最新モデルには、スマートフォンでの遠隔操作機能がついています。外出先からエアコンの温度設定、部屋の温度・湿度チェック、電源のON/OFFが可能です。YahooやGoogleで、

「メーカー名 エアコン 遠隔」

こうキーワード入力すると、エアコンのリモート機能を見つけることができます。仕組みは各社ほぼ同じで、下の写真(富士通ゼネラル)のような感じです。エアコンにアダプターを設置し、無線LANでつないで、スマホで見ます。

どこでもエアコン

スマートフォンの画面を拡大すると、

どこでもエアコン

上の画面例だと、外気温35℃だけど、お部屋は28℃だし、湿度も50%・・・はいOKと外出先で、ご自宅のチェックができます。便利ですよね?富士通ゼネラルさんの動画での機能紹介も、チェックしてみてください。

認知症の方や高齢者の「エアコン電気代もったいない!」への対策

母もそうですが、「エアコンをつけると、電気代が大変なことになる!」と思っている世代なので、どんなに暑くても「いかにしてエアコンを使わないか」を考える習慣がついています。電気代もったいないと言って、亡くなる方は毎年います・・・命を捨てるほうがもったいないです。

どうしてもエアコンを使ってくれないようでしたら、生命に関わるのでリモコンを没収して「遠隔操作のみ」で運用するのもありかもしれません。

また、リモコンの誤操作も起こり得ます。母はギリギリ大丈夫ですが、温度設定はめちゃくちゃです。冷房18度にして、キンキンに居間を冷やすことも。冷暖の区別はつくので、とりあえず使っているだけでOKと思っています。

誤操作の心配がある方も、この遠隔操作に徹するほうがいいかもしれません。そしてエアコンに「自動運転中」の札をかけると、認知症の方は納得するケースもあります。

既存のエアコンを遠隔操作したいと考えている方

オススメはスマートリモコンを使って、エアコンの電源や温度設定、風量を遠隔で操作することです。うちは2009年発売の日立製エアコンを、スマートリモコンを使って、東京から岩手の家をコントロールしています。詳しくは下記記事をご覧ください。

離れて暮らす親をスマートリモコン『Nature Remo』で安心して見守り、介護する方法

2019.01.21

手っ取り早くなんとかしたい!と考えている方

わが家は今のところ、こんなエアコン運用にしています。

タイマーを使って、エアコンの電源を入れる

うちのエアコンには、自動で電源が入るタイマー機能があります。母が起きる1時間前くらいから、毎日自動で冷暖房が入るような設定を利用しています。母は暑ければ冷房を使い、寒ければ暖房を使うということは理解できているので、今はタイマーのみの運用にしています。

それでも厳しくなったら、おなじみデジタル電波時計をスマカメで撮影して、部屋の温度や湿度を確認するようにする予定です。費用はスマカメ1台追加なので、1万円程度で済みます。月額費は既存のネット代で、追加はゼロです。ご紹介したどのプランよりも、コスパがいいです。

スマカメ

いかがでしたか?エアコンもかなり進化しているので、そろそろ買い替えようと思っている方は遠隔操作できるモデルにしておくと、介護のときに安心ですよ。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
06/26(水):福井県福井市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
07/06(土):岩手県大船渡市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
08/25(日):大阪市天王寺区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか