酷暑なので高齢者・認知症の方の熱中症対策を改めてまとめてみた!

熱中症 高齢者 対策 飲み物 対処法

猛烈な暑さが続きますね。

ちょっと洗濯物を干すために外に出ただけで汗だく、それでもすぐ乾いてしまうから面白くて洗濯の回数だけは増えております。

今まで、このブログで認知症の方や高齢者の熱中症対策について3本の記事を書いてきました。今年の暑さは特にひどいので、改めて熱中症対策の記事について、まとめてみました!

認知症の人は熱中症弱者

環境省のページに、認知症の人は熱中症弱者とカテゴライズされていて、認知症の人は「暑さを気にしない、対応しない、できない」と書いてあります。認知症が相当進行していた祖母はそうだったかもしれませんが、母は暑さを理解できます。

ただ母は、温度計の数字の意味が分かりません。また、エアコン設定温度も冷房18℃になっていたりとめちゃくちゃですが、暑いからエアコンをつけることはできるので、今は本人の感覚に任せています。

うちはありませんが、真夏の重ね着、冬場の薄着で困っていらっしゃるご家族もいるはずです。夏に関してはもったいない精神があるかもという説が、わたしはなんとなくしっくりきています。下記記事では、見た目で温度を演出する話を書きました。

認知症の人が暑い・寒いを感じられないとき「見た目の温度」で感じられるようにする

2017.08.30

認知症の人が熱中症になってしまうと、崖から落ちるように数日で認知症が進行するという話も有名な話です。それだけに、認知症の人は特に、温度や湿度管理が大切になってきます。

エアコンは電気代がかかるからもったいない、扇風機主義の高齢者もいます。今年の暑さでは危険なので、もし頑固モードになってしまったら、遠隔地でもエアコンの温度コントロールはできるので、やってしまったほうが賢いかもしれません。新機種のエアコンを買う場合、既存のエアコンを遠隔操作できるように変更する方法などを、下記記事でまとめてます。

認知症の方・独居高齢者の熱中症対策!「エアコン」最新事情

2016.06.20

体温計でおなじみのテルモは、認知症に限らず高齢者の方は「直前まで居たところの温度」の影響を受けやすいと言われています。なので、暑いところに居た高齢者は、快適に感じる温度も高めになってしまいます。

冷蔵庫にストックしてある熱中症対策の飲み物たち

熱中症対策として、こまめな水分補給が必要とよく言われます。また、塩分が大切であることも、今では周知されています。

このブログでご紹介した飲み物がいくつかあるのですが、今ではすっかり定番になった「冷やし甘酒」を母はよく飲んでいます。江戸時代は夏バテ予防として、むしろ夏に甘酒は飲まれていました。うちは森永を飲んでいますが、月桂冠さんの熱中症の記事は下記です。

またベタですが、母は「ポカリスエット」は昔からあるもので理解できるため、冷蔵庫に常備してあります。

もし、軽い熱中症になってしまった場合は、冷房を使いつつ「経口補水液」を飲むことですね。尼崎の訪問診療医の長尾和宏先生が、実践されています。そして、いろんな熱中症対策で水分補給するタイミング早見表で、ツイッターで話題になったのがこちら。

水と電解質を口から補給するのですが、温度を理解できなかった祖母には、OS-1をたまに飲んでもらっていました。それが正しかったのかどうか分かりませんが、あまりOS-1ばかり飲む必要はないみたいですね。

アクエリアスの公式サイトにありますが、経口補水液はごくごく飲むのではなく、少しずつ飲むのがいいようです。また、水だけ飲むと、体液が薄まって、濃度を一定に保つために尿として排出されてしまうのだそう。

母が住む盛岡は北国なので、東京と比べるとまだ涼しいため、助かっている部分もあります。しかしわたしの部屋は、エアコンがなくて扇風機のみ、しかも熱風しかきません。数年前の猛暑のときは、氷枕で寝ました。今年はどうしようかな~

ここから東京と盛岡の往復頻度が、頻繁になります。わたし自身も熱中症に気をつけますので、皆さんも気をつけてくださいね!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか