大雨の中、愛媛と高知に行って、無事東京に戻ってまいりました

四国への旅行の話をブログに書いてしまったので、ご心配をおかけしました。

メッセージをいくつか頂いて、ブログに書いたことを思い出すという・・・助かりました。

こんな旅行になりました

7月6日金曜日、東京の自宅から成田空港へ向け出発。LCCジェットスターを使って、愛媛・松山空港を目指しました。

LCCは成田空港第3ターミナルから出発。成田空港の駅からめちゃ遠くにあり、駅到着から1時間くらいは余裕を見なさいとネットに書いてあったので、その通りにしました。

飛行機に乗ったら、悪天候のため1時間ほど飛行機内で待機。この時点で、松山滞在時間がわずか3.5時間に短縮されました。1時間遅れで松山空港に到着直後から、旅行プランを猛烈な勢いで考え、変更していきます。

まずは松山空港から、道後温泉を目指します。道後温泉はもちろん雨で、その中を駆け足で移動。お風呂の前に、鯛めし屋さんへ入りました。ツイッターでじゃこ天を食ったほうがいいというアドバイスを頂いたので、じゃこ天と鯛めし、宇和島ハイボール(みかんで割ったもの)を急いで食べます。

道後温泉は、個室で高いコースを選んだほうがいいというブログを見つけたので、その部屋をお願いしたら満席。ひとつ下のランクの部屋で、温泉に入ります。汗を流してすっきりしたところで、次は松山城を目指しました。

松山城に着いた時点で、ものすごく激しい雨。それでも天守閣を目指すべく、ロープウェイに乗って頂上を目指しました。雨が凄いうえに急勾配なので、城の石垣から滝のような雨水が放出され、歩道も雨水で大変なことに。

小さい折り畳み傘で行ったので、ずぶ濡れ。ポロシャツもジーンズも靴もビジャビジャで、道後温泉で汗を流した意味がゼロになりました。

松山城から歩いて、明屋(はるや)書店さんの松山本店があることを思い出し、目指しました。渋い書店の看板を見て感動し、次は鍋焼きうどん。松山の鍋焼きうどんは変わっているとのことで行ってみたら、お休みでした。

タイムリミットが迫ってきたので、急いで松山市駅まで歩いて移動しました。豪雨の中、高速バス停を探していたら、

「高知行き すべて運休」

の文字!

この日は高知にホテルを予約していたので、なんとか高知に行く手段がないかと、JR松山駅まで市電で移動しました。JR松山駅で再び高速バスを探してみるも、こちらも運休・・電車で高知まで行けないかをみどりの窓口で聞くと、それもムリとの回答。

これは松山でホテルをキープしないと大変なことになるぞと、駅前のホテルを2件ほど回ります。しかしどちらも満室。さてどうしようかと思い、まずは高知のホテルをキャンセルします。ホテルのご厚意で、キャンセル料が一切かかりませんでした。

その優しさから、高知のホテルと同じ系列のホテルを予約してみると、そちらは空きが。翌日、高速バスが再開したら、席が取れなくなるかもと、朝一のバスを予約しました。

ずぶぬれのまま、松山の市電でホテルまで移動し、ヘロヘロのままフロントに着きました。フロントの方がタオルを持ってきてくださり、四国の方の優しさに感動。

くどひろ
コインランドリーとユニクロはありませんかね?

明日以降、履く靴もなければ、ジーンズもありません。LCCの手荷物は7㎏以内だったので、とにかく荷物を持ってきてません。ユニクロで服を買おうと思ったのですが、近くにはないと。ただスポーツ用品店があるとのことで、ホテルに荷物を置き、ずぶぬれの服をもう1回着て、隣駅のスポーツ用品店へ行きました。

19時10分に着いたのですが、スポーツ用品店は19時閉店の表示。さてどうしようか・・・と後ろを振り返ると無印良品が。19時30分に閉店だったので、慌てて短パンとビーサンを購入。(2つ合わせて1700円)お金をかけたくなかったので、ホッとしました。

ホテルに戻って、買ったばかりのビーサンと短パンに着替え、凄まじい雨の中コインランドリーを目指します。googleで靴洗濯機&乾燥機のあるコインランドリーを探し、そこで服と靴を洗濯、乾燥させます。去年、父親が亡くなったとき、コインランドリー生活をしてたことが、今回に生かされました。

白くまアイスを食べながら、コインランドリーの窓の外を見ると、信じられないくらいの豪雨。洗濯物を抱えながら、雨の中ホテルへ戻りました。路面は水たまりができていて、サンダルが役に立ちました。

高知の知人と翌日の予定を話し合い。高知まで行けない場合は、松山から帰京して、いつかまた来るという話をしました。あまりに疲れたので、この日はすぐ寝ました。

翌日の四国の交通状況

翌朝、交通情報をチェックすると、高速バスはまた運休。高知の友人が車で迎えにくると言い張ります。死ぬからやめろ、また遊びに来るから!と言っても、全くいう事を聞きません。

下道を利用しながら、3時間もかけて松山まで迎えに来てくれました。待っている間は気が気でなかったです。その間、ホテルが停電するという貴重な経験も。途中の山道で見た川の濁流にゾッとしたり、雨で前が見えなくなったりして、雨の恐ろしさを感じながら、3時間で高知に到着。

桂浜の坂本龍馬像を見る頃には雨が止んでいて、高知城、歴史博物館を見て友人宅に着きました。その後、高知の郷土料理、皿鉢(さわち)料理のあるお店に連れて行ってくれて、2次会、3次会、高知の締め餃子を堪能して、友人宅へ帰りました。

酒が強くないのに、酒を注文する友人。わたしがビール、日本酒、焼酎、ウィスキーを代わりに飲みまくった結果、軽く2日酔いに。帰りの飛行機は徳島からでした。徳島への移動手段を調べるも、大雨で高速道の橋が崩落してバスは使えません。それでJRを調べるも、こちらも移動できません。下道でも5時間くらいかかるということで、徳島へは行けないことに。

飛行機は先得でJALを予約していたのですが、ひょっとしたら変更できるかもとJALへ電話。電話が全くつながらず、ネットもいろいろ調べた結果、高知空港に行って直接交渉することに。大雨特別警報が出ていた高知、雨の中高知空港まで送ってもらいます。当日便の手配とキャンセル料で4万円を覚悟したのですが、特別に徳島便を高知便に振り替えてくださるということで、助かりました。

2日酔いのまま、暑い東京に到着。四国の大雨が嘘のような、晴れっぷりでした。

結局、徳島県に行けなかったし、本の執筆も全くできなかったのですが、そんなことはどうでもよくって、豪雨の怖さを身をもって体感し、自分事として考えることができました。また、何か起きた時に柔軟に対応する姿勢は、日頃の介護から学んだものだと思えました。

ぜひこちらのページで、大雨や台風への備えをチェックしてみてください。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
9/8(土):北海道札幌市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか