歳を重ねてから習慣を変えるということ

ジム バーベル

長年続けてきた習慣を変えるのは、本当に難しいというお話です。

わたしは、28歳からスポーツジム通いをしています。始めた理由は、仕事のストレス解消のため。当時コンサルタントだったわたしは、朝9時から0時まで働き、3か月休みなしだった時期もあります。

なので、たまにある休みは、とにかく時間が惜しい!

朝6時に起きて、休日を充実させようと、遊び回ってました。たまたまジムの無料体験で気持ちがスッキリしたので、それからジム通いは始まりました。

月1万円くらいのジムに通い、介護離職でお金がないときは、区や市のスポーツジムを利用。その後セントラルスポーツでエアロにはまり、今は24時間ジムに通っています。

ストレス解消が目的だったジムも、介護離職をして遠距離介護が始まった40歳を過ぎた頃からは、体型維持のためのジム通いへと変わりました。

本当はもっと食べたい!

自分の胃が気持ちについてこれるかどうかは別として、47歳の今でも、30歳のときぐらいの量を食べたいです。たぶん食べられるのですが、その反動はすべて脂肪になって返ってきます。

今のわたしは、通勤をしていません。ずっと読むか書いているので、座ってばかりです。会社と違って食べたいときに食べられるので、太る要素しかありません。

年齢による基礎代謝も減少しているので、常に食欲はガマンしています。本当は飲み会でつまみ追加したいけどガマン、大盛いけるけど、並でガマン、そんな毎日です。

体脂肪計を買って分かったこと

つい最近、オムロン体組成計を買いました。データをスマホにBluetoothで飛ばし、スマホアプリで管理できるタイプです。

体組成なので体重以外にも、体脂肪率、内臓脂肪レベル、骨格筋率、体年齢、基礎代謝、BMIが表示され、それをスマホにずっと蓄積し、グラフ化されます。

今まではジムに行って、20分歩いて20分走る。その後は筋トレマシンを胸、脚、腹筋など50分かけてこなし、これを週2回~3回はやっていました。

すごく爽快で満足していましたが、現状維持。気を緩めたら、すぐ太ります。さらに体組成計の内臓脂肪レベルがダメだし、体脂肪率も高い!

体組成計で数値を見せつけられ、また人間ドックでも内臓脂肪が多いと言われたこともあって、長年やっていたメニューを捨て、独学で1からメニューを変えました。

Youtubeの動画(下記)をいろいろ見ながら考えた結論は、わたしもフリーウェイトエリアデビューしてみようと。マッチョな男たちが、バーベルやダンベルを持ち上げている、あのハードル高きエリアへ足を踏み入れてみました。

要は圧倒的に筋力が足りてないから、だめなのです。確かに昔ジムで測ったとき、上半身の筋力はかなりいいけど、下半身の筋力が貧弱というデータがあって、すっかり忘れてました。

適正な重さがまだつかめていませんが、腰にベルトを巻いて、バーベルもって、スクワットやってます。背中の日、脚の日と鍛える部分を決めて、集中的にこなしています。ムキムキは目指してません、数値が下がればいいのです。

歳を重ねるごとに変わりづらくなる

誰もが感じることだと思いますが、歳を重ねるごとに変化できない、対応できない自分に気づきます。20代なら躊躇なくできていたことも、今までの経験、知識、失敗が頭をよぎって、前に一歩踏み出せません。

習慣って本当に恐ろしくて、すごく心地いいものでもあるけど、チャレンジ精神を削いでしまいます。しかも習慣化すると、何も考えずに行動に移せてしまうから、間違った習慣が身についてしまうと、本当にたちが悪い。

筋トレマシンを辞め、バーベルを持つ・・・本当に小さなことですが、マシンの使い方、なぜベルトが必要か、プロテインは、どの筋肉を意識するかなど、新しい知識がどんどん増えました。屈強な男たちを気にせず、しれっとエリアに入れるようにもなりました。

自分の仕事が習慣化してしまい、創意工夫のないルーティーンな毎日は、本当に怖いです。時間を浪費しているだけかもしれませんよ。

常に違う人と会い、新しいことに興味を持ち、何でもいいからとにかく小さく新しい何かを実行する。これが続けられないと「歳を重ねる」ではなく、「歳を取る」になってしまうなと。

最後にGACKTさんの「歳を取る」「歳を重ねる」の違いを引用します。ちなみに、この記事のタイトルは「歳を重ねる」です。

【歳を重ねる】ことと【歳を取る】ことは意味が違う。
【歳を重ねる】とは、 歳を増すごとに己の人生に一つ一つ責任を重ねていく生き方。【歳を取る】とは、 歳を増すごとに己の人生から責任を一つずつ取り省いていく生き方。

引用元: https://ameblo.jp/gackt/entry-12309856024.html

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======

講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
ジム バーベル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか