1/18新刊発売のお知らせ

支払金額の決定通知が来て凹んだはなし

6月は、2つほど大きな支払いの決定通知がやってきます。

1つは国民健康保険の年間保険料の通知です。フリーランスになって最初に驚くのが、健康保険料がほぼ倍になることですが(会社が半分負担してくれていたものがなくなる)、保険料は前年の所得に応じて金額が決定します。

毎年この通知を見るたびに、毎月こんなに保険料を支払わないといけないの? って思います。しかし今年の通知額は、思わず二度見してしまいました。あまりに安い。月々の支払額は昨年の半分、いや6分の1くらいになっています。

次に住民税です。こちらも6月に支払通知がやってきて一気に年間分払うようにしているので、毎年覚悟して待っているわけですが、今年は通知が来ません。それどころか、臨時特別給付金の通知まで来ました。ん、どうした?

住民税非課税世帯へ

この2つの通知が来るまですっかり忘れていたのですが、わたしの2021年の確定申告は介護離職した直後でフリーランスの仕事がほとんどなかった、2013年当時とほぼ同じレベルだったのです。

所得が少ないので、国民健康保険料も激安。そしてまさかの住民税非課税世帯になってしまいました。2021年は持続化給付金もなければ、コロナ禍で仕事が激減。2021年を漢字一文字で表すなら、「耐」と音声配信voicyで話したほどでした。

2022年前半の仕事の感じでは、来年はしっかり住民税を払うことになると思いますが、コロナ第7波が確実にやってくると思われる今、仕事がまたどんどん減っていくかもしれません。

月々の支払が少ないのはうれしいのですが、さすがに住民税非課税世帯になるまで所得が少ないと凹みますね。その割に悲観的になってません。介護離職した直後も、なぜか悲観してなかったんですよね。持って生まれた性格もありますが、借金が一切ない強みはあるかもです。

もしファイナンシャルプランナーとキャリアコンサルタントに相談したら、あなたはブログと音声配信の発信の時間を少し減らして、外で働いてお金を稼ぎなさいって言われると思いますが、追い詰められるまで止めないでしょう。

コロナが本当に終息するまで、あと何年かかるんでしょうね。今のところはこんな状態でも現状維持で楽しくしれっとやっていくつもりですが、さてさて。

音声配信voicyの最新回は、有名な3つのロックの話にさらに3つ加えました↓

今日もしれっと、しれっと。

【2023年講演会予定】
1/29(日):埼玉県幸手市・杉戸町 → 内容の詳細


 


【2023.01.18発売、予約受付中!】
東京と岩手の遠距離「在宅」介護を、10年以上続けられている理由のひとつが道具です。わたしが使ってきた道具を中心に、介護保険の杖や介護ベッドなど福祉用具も含め、介護者の皆さんがラクになる環境を実現するための本になっています。図表とカラーで分かりやすく仕上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(79歳・要介護3)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて11年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか