たまねぎ

たまねぎとわたし

たまねぎ

たまねぎとわたし

たまねぎをむいている

茶色の皮を1枚、また1枚、ぎこちなくむいている

1枚1枚は、理性

何層にもかさなりあっているたまねぎ

でももう、茶色の皮はない

たまねぎをきざんでいる

皮をむいても涙はでない、でもきざむと涙があふれる

流れに逆らうから、涙があふれ

流れに任せると、涙はとまる

みつを

あ、すみません、相田みつをさんは全く関係ありません、たまねぎだもの。

行間が読めた方、お便りおまちしております・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
01/21(火):福岡市博多区  → 非公開
02/22(土):岩手県盛岡市  → 非公開
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」「あさイチ」でブログが紹介されました。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ