新刊『ムリなくできる親の介護』がAmazonカテゴリランキング1位になりました!

ムリなくできる親の介護 1位 評判

本当は認知症の話か妻の膠原病の話を書く予定でいたのですが、今しか書けない、いや生涯最後かも?しれないので、SNSでは発信済みですが、記事としても残します。

昨年12月末発売のわたしの新刊『ムリなくできる親の介護』(日本実業出版社)ですが、Amazonのカテゴリーランキング1位を取りまして「ベストセラー1位」のオレンジリボンを頂きました!(リボンはずっと残るものではありません)

わたしはいつも本を出版したあと、発売から1~2か月はAmazonのランキングもチェックしています。確か1作目の本の最高順位が1200位(すべてのAmazonの本の中のランキング)を記録したことがあるのですが、今回は初の3桁(最高位は719位)でした。

ランキングは1時間おきに更新され、Amazonに掲載されているすべての本が対象となります。あの売れている小説も、あの映画化された本も、あの有名アイドルの写真集も含まれます。

Amazonで全く本が売れないと、380,000位というランク表示になったりすることもあるくらい、本の点数はたくさんあります。その中で、3桁は奇跡なのかもしれません。

Amazonのカテゴリー不思議な割り振り

昔、出版社の方から聞いたことがあるのですが、Amazonのカテゴリーの割り振りって、システム側が自動で判別するみたいです。なので、わたしの本は「ケアマネジャーの資格・検定」という、なぜそこに?というカテゴリに属しています。

「それだけ狭いカテゴリなら、ベストセラー1位にもなれるのでは?」と思われるかもしれませんが、簡単ではありません。『ユーキャンのケア実用手帳 』という、バカ売れ手帳がいるからです。1月という季節柄もあって、最強です。

もっと大きなカテゴリである「介護」でランキングを見ると、こうなります。

な、なんと、阿川佐和子さんが1位で、わたしが2位という・・・どうなっているんだ、この世界観?とにかくありがたいです。

もちろん永遠にランキングをキープできるわけではないので、この記事がアップされる頃には変わっていると思います。瞬間的なものではありますが、それでもこんなことはないので、記念にスクリーンショットを撮りました。

今回の本で感じる広がり

いつもなら認知症介護の現役の方が、わたしの本を手に取ることが圧倒的に多いです。ところが今回は「これから介護するかもしれない」という方々にまで、広がっていると感じます。

その層の人数は現役介護者の何十倍、いやもっといるかもしれませんが、残念ながらいつもは介護本を読もうとは思わない層です。そんな方々がこの本を読み、何かを感じていらっしゃるから、面白いです。

イラストレーターでカリスマ介護ブロガー・なとみみわさんのブログに、イラストでまた、わたくし登場しております。

1月14日(月)の中日新聞・東京新聞にも、大きな記事が掲載されました。図書館等に行くことがありましたら、バックナンバー読んでみてください。

本を購入してくださった皆さま、ありがとうございます!といっても、まだ在庫はありますので、より多くの人に読んで頂き、2019年いいスタートを切って欲しいと思っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら

【最新刊です!】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか