2018年に出そうと思っていた電子書籍は2019年に延期します!

電子書籍 介護

今年の目標として掲げていたのが、電子書籍を作ることでした。

amazonでkindleから出そうと考えたり、noteを使って出版しようかと思っていたところに、まさかの4作目の出版のお話が今春に浮上、そしてなぜか講演会の依頼が増えだして、結局電子書籍を書く暇が無くなってしまいました。

そして今も、原稿用紙合計40枚分の仕事が、3社から来るという・・・とてもありがたい状況になっています。すべて今日か来週頭の締切だったので、今週はずっと原稿を書いておりました。読書がしたいのですが、今積ん読で8冊ほどあります・・・早く読みたい!

電子書籍で書く内容もタイトルも決まっていて、あとは書くだけです。

内容は父とわたしの介護エッセイなのですが、この話は絶対にブログに書くことはないし、kindleかnoteに封じ込めて前に進むために書くものです。資料も集まっていますし、あとは妹に取材をして、最終的には本にしたいと思います。

いつもは、誰かに伝えたい、知って欲しい、読んでもらいたい、役立てて欲しいという思いで文章を書くのですが、今回だけはちょっと違います。発表せず、自分の心の中で留めておけばいいのでは?自分のための日記にすればいいのでは?と思われるかもしれませんが、それもまた違うというか・・・。

1人でもお金を払って買ってくださる可能性があるという意識が、自分の中の緊張感や書くモチベーションににつながります。その緊張感で書く文章は、当たり前ですがきちんとしたものになります。自分用の日記はだらだら書いてしまうので・・・。

2019年の前半は確定申告に追われてヒーヒー言っているはずなので、それが終わった頃から書き始めて、来年6月までには形にしたいなぁと思っています。今年くらいの忙しさならば、書くことができるはず。

この電子書籍でわたしの介護の全貌が見えるかもしれないので、怖いものみたさでご興味のある方は読んでみてください。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ