10分で聴ける介護ラジオ 放送中!

アルツハイマー型認知症の「4つの進行レベル」とは?

認知症 進行

認知症の進行は、軽度 → 中等度 → やや高度 → 高度

我が家は祖母がアルツハイマー型認知症なので、このタイプに特に興味があります。認知症の約半分が、このアルツハイマー型認知症と言われています。進行レベルには個人差があり、今日は 「進行レベルの4段階」 についてのお話です。

ネタ元はBSジャパン「教えて!ドクター家族の健康」ですが、関連情報も加えて解説していきます。

アルツハイマー型認知症には4つのステップがあり、軽度→中等度→やや高度→高度 と進行していきます。各ステップで認知症の方が、どんな行動を起こすのかを見ていきましょう!

軽度

  1. 夕食の段取り、家計の管理、買い物に支障をきたす
  2. 買い物で必要なものを、必要なだけ買う事ができない
  3. 誰かがついていないと、買い物勘定を正しく払えない
  4. 自分で衣服を選んで着る、入浴など家庭生活はなんとかなるが、社会生活で困ることがある

初期とも言われる軽度認知症は、全体の3割程度で全国で160万人いらっしゃいます。うちの母がこの軽度レベルで、買い物は余計なものを買い、メモを書いてお店に行っても全然違うものを買ってきます。

冷蔵庫にあるもので作る分には大丈夫ですが、献立を考えることができません。小銭をうまく使えずに、財布にどんどん貯まっていくという事も起こります。

初期認知症の人にとって 「早期診断」 は 「早期絶望」 である

中等度

  1. 介助なしでは適切な衣服を選んで着ることができない
  2. つりあいのとれない組み合わせで衣服を着る
  3. 買い物を一人ですることができない
  4. 毎日の入浴を忘れることがある、自分で体をきちんと洗う事はできる
  5. 家庭生活でいろいろなことを1人でできなくなり始める

軽度との違いが微妙ですが、衣服という見た目で分かるのがひとつポイントです。また注意力が散漫なところがみられ、母がたまに中等度に踏み込む事もあります。風呂には、1年近く入ってないです。(症状には波があります)

やや高度

  1. 寝巻きの上に普段着を重ねてきてしまう、靴の左右を間違う
  2. 入浴を嫌がる、体をうまく洗えない、風呂から出て体をきちんとふく事ができない
  3. トイレの水を流せない
  4. 尿便失禁がみられる、施設入所の可能性が高まる

祖母がこのステップです。寝巻きの上に普段着をきます・・・これって認知症特有の症状なんですね。トイレの水は流せないし、失禁もあります。数年このレベルを維持していて、次のステップへは移行しないんじゃないかな?って思ってます。

高度

  1. 言葉が途切れ途切れになる、完全な文章を話せなくなる、日常会話ができない
  2. 歩行能力の喪失、歩くのが難しい
  3. 介助なしでイスに座れない
  4. 笑う能力の喪失、嚥下運動は保たれる
  5. 意識の低下、昏睡

4つの進行レベルの 「スピード」 は?

軽度から中度、中度から高度への進行に要する期間は、2年~3年。全経過で10年~15年、若い方の認知症は各段階1年で進みます。

我が家に当てはめると、祖母は89歳でやや高度の認知症ですが、ここ数年変化はありません。一方で医学的にも若いと言われた69歳の母は、軽度の認知症ですがスピードはゆっくりでキープできています。

上記は一般例であり、個人差がかなりあります。祖母は高度までいってませんし、全経過=寿命ということではありません。ケア方法を工夫したり、お薬を処方することで緩やかになります。

4つの進行レベルと 「要介護度」 との違い

4つの進行レベルは、「要介護度」 とは違うものです。認知症が重度だと介護ランク(要介護1など)は高くなりますが、軽度だから要介護1という事ではありません。必ずしもリンクしません。

介護施設を検討する時に、認知症の方の受け入れ可否がまずありますが、要介護度に加えて、この進行レベルも抑えておくといいです。介護施設のタイプは有料老人ホーム、サ高住など様々です。

認知症は特別な条件にあたるので、【LIFULL介護】 で当てはまる介護施設の種類をチェックしてみてください。

検索に便利な「老人ホーム・介護施設 比較サイト」 7つを選んでみた!

「認知症の受診」 に踏み切るまでにかかる時間がひどい!

アルツハイマー型認知症の発見のきっかけは、

・もの忘れが多くなる
・同じこと何回も言う
・怒りっぽくなる
・『えっ!』 と感じることが多くなってきた
・意欲がなくなってきた

というのを、家族がいかに早く気づくかが重要です。しかし、気づいてから1年以内の受診はたったの1割です。

2年~3年経って受診というのが平均で、中には7年~8年経って受診という強者もいます。もの忘れは年相応に起きるからなかなか気づかない、だから受診しないということです。

MCI(軽度認知障害)の可能性も

ひょっとすると、認知症予備軍と言われるMCI(軽度認知障害)の可能性もあります。アメリカでは5割が認知症を発症、4割が現状維持、1割が回復というデータがあります。

簡単なテストで、「あたまの健康チェック」というものがあります。10分の電話によるテストで、「認知症ねっと」で購入できます。現在ですと3000円(税抜)で購入が可能です。97%の正確性を実現しています。ムリに連れていくことができない場合、母の日や父の日のプレゼントとして、テストを受けてもらうと効果的です。

認知症本のご紹介

おかしいなぁ~って思ったら、すぐ病院へ行かれる事をお薦めします。うちはおかしいと思ってから1年は経過していますし、先生選びに時間がかかりました。

とはいえ、病院に連れて行くのが最難関だったりしますよね?わたしも最初は “認知症の本” をたくさん読んで、症状を勉強しました。

そんな経験談も含め、廣済堂出版・健康人新書シリーズより「医者には書けない!認知症介護を後悔しないための54の心得」、「医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得」、新日本出版社より「がんばりすぎずにしれっと認知症介護」など5冊を出版しました。

医療・介護職のプロ視点とは全く違う、家族介護経験者ならではの視点で書いた今すぐ使える、教科書的ではない認知症介護の超実践本です。

付箋マトリックス

【工藤広伸の書いた本の選び方】読んで欲しい世代と介護歴

アルツハイマー型認知症の 「4つの進行レベル」 いかがでしたか?TBS夢の扉で紹介されたプラズマローゲンについて、テレビの影響もあって合わせて読まれる方が増えています。

プラズマローゲン

【TBS夢の扉】認知症に効果?「プラズマローゲン」をまとめてみた!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
【2021年配信開始】『ちょっと気になる?介護のラジオ』 すきま10分を有効活用!


近距離、遠距離介護に関わらず、親と離れて暮らしている方すべてに向けた新ジャンルの本です。図表&カラーで分かりやすく仕上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか