大腿骨骨折からの寝たきり、そして廃用症候群(生活不活発病)へ

祖母(89歳)が大腿骨骨折から手術を行って、3か月が経過します。

歩くことを目標にリハビリを始めたものの、認知症の祖母・・・リハビリの目的意識が本人にないため、結局は車椅子という選択をせざるを得なかったという事を以前記事にしました。(高齢者の大腿骨骨折と認知症と寝たきりとのはなし)今日はその後、車椅子生活を送りながらも、病床にいる時間が次第に増えている現状のおはなしです。

廃用症候群ってなに?

廃用症候群とは、別名生活不活発病とも呼ばれます。NHKでも以前取り上げてましたが、文字通り生活が不活発になる状態で、わたしに例えると、熱で3日間寝込んだ後に、会社に行こうとしても、なんか寝てばっかりでだるかったから、会社に行こうにもだるくって気が乗りません。これがさらにひどくなったものが、廃用症候群と言えます。

東日本大震災後をきっかけに、歩けなくなる人が3割もいる町があったりと、自然災害がきっかけでなってしまう方もいらっしゃいます。

廃用症候群 - Wikipedia廃用症候群 – Wikipedia

祖母の場合は、大腿骨を骨折してからというもの、病床に居る時間が少しずつ長くなっています。以前ならばお見舞いに行ったら、病床でしゃっきっと起き上がるのが常だったのが、最近では起き上がる事もできなくなってきていて、早いところ退院させたいんですが、子宮頸がんの出血もたまに見られるようで、しばらく様子を見ましょうと、病院側から提案がありました。

病院ではなく、老人ホームで普通の生活に近いことをさせてあげることで、この廃用症候群からの脱却ができるのでは?と思っていて、それをしたくとも老人ホームが空きがなく、ずるずると3か月経過してしまったというのが現状です。

今できることはなにか?

わたしが今やっている事は、お見舞いの回数を増やして、話す時間を増やす事です。認知症なので、毎回わたしが行くと、『誰がきた?』という、きょとんとした表情をしますが、家族では1番病院に行っているので、5秒ぐらいで分かってくれます。

『来てくれるなんて、夢にも思わなかった~』

って、週2、3回通っているのに、毎回言います(笑)話そうとすると、起き上がる意志も見られるので、無理させない程度におきそうならば起こします。今はこれしかできなくって、結構もどかしいです。少し高めな老人ホームへ移せばいいのかな?とか、いろいろ考えてはいるのですが、考えるだけで時間が過ぎていきます。

医師に宣告された余命時期は過ぎ、わたしの見立てではまだまだ生きられると勝手に思っているのですが、それでも与えられた余生は短いので、なんとかしてあげたいという思いだけで、うまくいかないのが現実です・・・・

最近、いろんな方と話す中で、聞いたことがない言葉がよく出てくるので、それを都度ブログにアップしていますが、マニアックすぎるかなぁ・・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

【最新刊】 認知症の人と家族の会副代表理事・川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか