10分で聴ける介護ラジオ放送中!

【TBS夢の扉】サプリメント「プラズマローゲン」をまとめてみた!

プラズマローゲン

TBS夢の扉で紹介された、プラズマローゲンの情報をまとめてみました。

プラズマローゲンとは?

プラズマローゲンは人間、動物、魚介類の体内にある自然物質で、脳細胞をコントロールする重要な役割を果たすものです。人間はストレスで脳細胞が酸化して死滅、そして脳疲労を起こしますが、プラズマローゲンが身代わりになるという特徴があります。

認知症によって、プラズマローゲンが減少していることが分かっています。また摂取することで、脳細胞が活性化されるそうです。

プラズマローゲンの効果

番組に登場したレビー小体型認知症の81歳女性は、2週間摂取したところ表情も反応も明らかに改善していました。(普段の処方薬も継続したとあった)一番効果があったのは74歳の意味性認知症の男性で、長谷川認知症スケールが服用前は18点、1か月後に再テストで23点になり、認知症レベルが中度→軽度になりました。

40人に半年間試したところ、半分は現状維持で、半分は顕著な改善という結果でした。認知症は進行する病気なので、現状維持できるだけでもありがたいと考え、わたしは介護しています。

ただ認知症のテストが5点改善したところは、その日の調子によって変わるのでそんなに強調しなくてもな・・・って思いました。

藤野教授の「脳疲労」の研究

脳疲労に関しては、以前ブームになったと番組でありました。ブーム当時読まれた本は、「我慢するのはおやめなさい(毎日新聞社)」です。その藤野教授の新刊が、発売になりました。

認知症はもう不治の病ではない! 脳内プラズマローゲンが神経細胞を新生する

藤野 武彦, 馬渡 志郎, 片渕 俊彦
1,540円(08/03 23:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

プラズマローゲンの発売について

(株)アドバンスト・メディカル・ケアが販売していて、2014年2月に一般向け販売の下記プレスリリースをしています。

九州大学名誉教授藤野武彦医師をはじめとする九州大学、福岡大学の研究グループは、2月4日「プラズマローゲンの基礎と臨床」シンポジウムにて、「プラズマローゲン摂取によりアルツハイマー型認知症患者の認知機能に改善が確認された」との臨床研究結果を発表しました。これを受け、これまでリゾートトラストグループ会員顧客を中心に販売してきた同成分を含むサプリメント(粒タイプ、ドリンクタイプ)を、インターネットによる通信販売の体制を整え、幅広く皆様にご提供する運びとなりました。(2014年2月・PRTIMES)

会社のホームページを調べてみると、プラズマローゲンについてこう書いてありました。

「プラズマローゲン」サプリメント。近年、この体内物質に関してアルツハイマー型認知症患者と健常者の違いについて、国内外で研究論文が出ています。私たちはいち早くこの物質の高純度サプリメント化に成功しましたが、摂取後の変化についても、創薬と同じ厳密な手順で大学病院と臨床研究を行っています。ご自身の、またご家族の将来への不安にお応えする、研究成果の賜物ともいえるサプリメントです。

プラズマローゲン体験者の声

実際に、プラズマローゲンを使っているブログ読者のIさまから、このようなコメントを頂きました。

ブログ読者のIさま
私の母親には効果がある感じがします。これを始めてから情緒が安定して来ましたし、受け答えも良くなった印象です。介護士さんも同意見です。個人差があるので、全く効果のない方もおられるようですが、ほんといい感じで驚きですよ。私の印象では最強のサプリメントかな。今後も引き続き注意深く観察していきます。
引用元はこの記事のコメント欄にあります:https://40kaigo.net/others/10051/

お試しパックに入っていたプラズマローゲンの小冊子によると、飲むタイミングはいつでも構わないそうです。1日2粒を、水やぬるま湯と一緒に飲み、継続が大切と書いてあります。即効性があるものではなく、長く続けることで実感できるという声が多いと書いてあります。

TBS「夢の扉+」の未公開映像

TBS「夢の扉+」公式Youtubeチャンネルの未公開映像です。5分程度の動画で、藤野教授のプラズマローゲン開発までのご苦労と、被験者ご家族の声を聴くことができます。

プラズマローゲンの販売店、値段、購入方法は?

一番気になるお値段ですが、1箱・通常価格で13,500円です。(1日2粒で60粒入り(30日分))。

初めての方のための「お試しパック」は20粒入り(10日分)で1,980円(税込)です。送料・代引手数料無料で、初めての方1個限定となっています。お試しパックを使ってみて良かった場合、同梱のチラシで「特別割引」が受けられる仕組みになっていて、2回目以降の購入で割引が利用できます。

うちも購入してみたのですが、そのお試しパックの現物写真が記事タイトル下の写真です。

プラズマローゲンのお試しパックの現物写真
プラズマローゲン送られてきたときの外箱

上記引用にあるリゾートトラストグループはエクシブなどの会員制リゾートなどを運営しているところで、その子会社の株式会社アドバンスト・メディカル・ケアが販売しています。そういう会員さん向けから始めたから、高いのかな?

まず実店舗での販売店ですが、東京・六本木にありますヘルスケアショップTMMC Plusです。(住所:〒107-6206 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー6F 東京ミッドタウンメディカルセンター内)

ネットでは、アドバンスト・メディカル・ケア社の公式サイトから購入可能です。実際、プラズマローゲンを飲んでいる方の声、よくある質問と回答など詳しい情報が載っていますので、下記公式サイトをチェックしてみてください!

【プラズマローゲン】はこちら


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

【重版3刷しました!】
近距離、遠距離に関わらず、親と離れて暮らして介護している方やこれから介護が始まる方に向けた新ジャンルの本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、多くのメディアに取り上げられました。

9件のコメント

プラ・・・は、もともと脳内に存在するリン脂質の一種だそうですね。リン脂質の問題でしたら、ビタミンB1、B2、B3あたりを摂取すれば、体内で十分な生化学反応を起こすと思います。プラ・・・が足りないからプラ・・・を投与するというのは、アセチルコリンが足りないからアセチルコリンを投与するというのと同じ発想であり、あまり感心しません。値段が異常に高いときたら、なおさらです。

このようにして、高齢化家庭からお金をせびり取る企画を作り上げていくのだなと邪推しつつ、番組を拝見しました。

ななしさま

コメントありがとうございます!

なるほど、そういうご意見もあるんですね。

根治が保証されない認知症においていろんなものが紹介されますが、わたしはお金がかかっても今後も試してみるつもりです。
治療薬が開発されれば遠回りしなくていいのですが、どれかが母に効いてくれれば・・・そんな思いでやってます。

確かに母がつかれただろうな って思うと調子悪いってのはよくありますね。
だけどこの値段は辛いですなあー
フェルガードだって高いと思うのに。これならフェルガード100Mを二回のませたほうがいいんじゃないかって思いますねえ。

syumitektさま

そうなんですよ、フェルガードですら高いのに・・・うちはフェルガードBなんでさらに高いですし・・・

ただ母にはものすごい効くかもしれないと思うと、一度試さずにはいられません。今は祭りの最中なので、ココナッツオイル同様騒ぎがおさまった頃に購入してみたいと思っています。

ネットで調べてみたら、フェルガードのフェルラ酸の臨床試験では認知機能テストの結果が改善するのはせいぜい1~2ヶ月で、3ヵ月したら以前よりも悪くなっていますね。(認知症は進行するので)
一方、プラズマローゲンの臨床試験では6ヶ月経過しても、さらに摂取を止めて1ヵ月後に検査しても臨床試験の前より改善していますね。
たしかにプラズマローゲンは元々自分で作れるものですが(作れないのはペルオキシゾーム病という難病など)それでも、ストレスや加齢などの酸化で減っている方には、直接取り込む方が近道ということなのでしょうね

通りすがりさま

臨床試験データの情報ありがとうございます。

うちは母にいろいろと試してみて変化を見る事をひたすらやっているので、非効率な方法なのかもしれません。最近ではフェルガードやプラズマローゲン以外の日常生活においてどう接するかを重要視しています。本当は何か魔法のような改善が起きればいいのですが・・・・

 66歳の夫が認知症で、7年になります。1分前のことも覚えていませんが、それ以外は見守りや指示があれば、なんとか普通に生活できています。フェルガードやココナッツオイルなども試しましたが、今一番効果があると思うのは、コンニャク療法です。1個100円ぐらいのを2個使用して、2週間ぐらいは使っているので、とても経済的です(もっと高いコンニャクのほうが効果があるらしいですが、、、)
 10分ほど茹でたコンニャクをタオルにくるんで、20分ほど背中の腎臓のあたりに当てて、温めるだけです。でも20分もじっとはしないので、同時に背中や足の裏をマッサージしてます。これの効果もあるのかもしれませんが、、、
 気持ちがいいので、喜ばれますよ。

ケイコさま

コメントありがとうございます!

そういった方法ははじめて聞いたので、びっくりしました。
こんにゃく療法をネット検索しても出てこなかったんですが、何か本に載っているのでしょうか?

昔からの民間療法ですが、私は東城百合子さんの「自然療法」という本で知りました。書店には置いていないので、直接「あなたと健康社」に申し込まないといけないのですが、隠れたベストセラーです。20年以上前に、盲人の鍼灸師さんに、この本をパソコンで点訳してほしいと頼まれて知りました。今でも改訂を重ねて出版されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか