超オススメ認知症の本・佐藤眞一先生「認知症「不可解な行動」には理由がある」

認知症不可解な行動には理由がある

先日、超オススメ本としてクロワッサンをご紹介しましたが、再び超オススメ本を見つけました。大阪大学大学院教授・佐藤眞一先生の本「認知症「不可解な行動」には理由がある」です。

わたしが特に刺さった箇所

定番中の定番である「何度も同じことを言う」場面を、佐藤先生はこのように書いています。

何度も同じことを繰り返し尋ねる俊二さんに、つい「さっき言ったばい」と言ってしまうこともあります。さっと曇った俊二さんの表情を見て、須美子さんはすぐに「いけない、いけない」と反省していますが、「さっき言った」と返すことの意味に気づかない人もいます。何かを尋ねた相手に対して「さっき言った」と言うのは、質問に答える気はないということであり、「会話はこれで終わりだ」と、相手を拒絶していることなのです。
引用元:認知症「不可解な行動」には理由がある(SB新書)

「さっき言った」という言葉が、会話を拒絶することになる・・・確かに!

認知症の人は初めてのつもりで聞いているのに、「さっき言った」といきなり会話を拒絶される・・・わたしでも「なんだよいきなり・・・さっき言ったって!」と思うはずです。認知症になかなか気づかない理由として、このように書いてます。

若年性認知症の人のように、仕事ができなくなったり、日常生活に支障が出たりすれば、自分の記憶がおかしくなってきていることに気づきます。ところが、仕事をリタイアして久しい高齢者の場合は、自分の老化とともに暮らしも単純化していますから、複雑な認知はあまり必要ありません。そのため、記憶に障害があっても気づかないのです。
引用元:認知症「不可解な行動」には理由がある(SB新書)

なるほど!生活が単純化すると、認知症に気づきにくいのかと!

そう考えると、今うちで意識している生活も間違いでないことに気づきました。いつも同じ朝食のメニュー、決まった曜日に訪問看護やリハビリがあって、デイサービスがある。単純すぎるほど単純な生活は、母を不安にさせる要素が少ないのかもと、この文章を読んで思いました。

たった2つしかご紹介できませんが、本はあっという間に付箋だらけになってしまいました。なぜガラクタや小銭を溜めこむのか、なぜ着替えや入浴をしないのか、なぜお金にこだわるのか、なぜ食べ物でないものを食べるのか・・・などなど、どれも理由が明快に分かります。

後半の部分、ケーススタディで理解する認知症が特に好きです。いろんなご家族が出てきて、認知症の症状がそれぞれ違います。その理由が分かりやすく書かれています。

医学の本ではなく、心理学・人間行動学の本

お医者さんが書いた認知症の本をたくさん読みましたが、家族が読むにはキツイ本も正直多いです。前頭葉がどう、アミロイドベータがこうといった話は知っていて損はないものの、日常の介護で使う場面がありません。お医者様が同じ医者向けに書いている?と思う本も多く、家族がいる下界(外科医ではない)までレベルが下がってないものはかなりあります。

そういう意味でこの本は、認知症のあの症状はこういう理由なのか、こういう心理なんだという気づきがたくさん得られます。心理学や人間行動学的なアプローチの方が、スーッと読めるんだなと。Amazonへのレビューが40本近くあります、それだけ名著なんだと思います。

どんな人がこの本を読むといいか?

認知症介護が始まったばかりの方が読んでも素晴らしい本ですが、認知症介護の経験が数年ある方も「なるほど~」と言いながら読むと思います。わたしは介護の壁にぶつかったら、この本を辞典のようにして使います。

100冊以上認知症の本を読みましたが、認知症介護の本のベストオーダーがこれで揃った感じがします。後日、どういう時にどの本というのをまとめたいと思います。

これからお会いする人には、この本を猛プッシュします。2012年からあった本で気づいていたはずなのに、今まで読まなかったことを後悔しております。760円+税って、安すぎ!下手な認知症の医学本を買うくらいなら、ご家族や介護職の方は絶対こっちだと思います。かなり個人的主観が入ってますが、すばらしい本です!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)