認知症の人に怒り爆発!「6秒で変わるアンガーマネジメント」 による対処法

認知症 怒り

つい先日の母との会話です。ちなみにこの会話は、今まで何度も何度も繰り返されてきたものです。

そういえば、この前先生が家に来たのよ
くどひろ
あ、そうなんだ。
ハンコが必要だって言ってね、わざわざ家まで来てくださったの
くどひろ
でもこの前、先生にそれ話したら、来てないって言ってたでしょ
先生だって、勘違いすることあるのよ。絶対来たんだから!
くどひろ
いや、だから来てないって!!

あまり言い合いをしたことをブログには書かないのですが、もちろんゼロではありません。「言い過ぎたなぁ・・」「あんなこと、言わなきゃよかった」ということは、数えきれないほど経験してます。

失敗の原因は、年間30回以上はこの会話をしてること、わたしが若干イラついていたので、「アンガーマネジメント」 ができなかったためです。アンカーマネジメントって?

「アンガーマネジメント」 とその対処法

Anger(アンガー:怒り)をコントロールすることを、アンガーマネジメントと言います。カチンと来てから6秒以内に言う事は感情的でロクな事を言わない、結果あとで後悔するというものです。この6秒間をやり過ごす対処法を引用しますと、

「呼吸リラクセーション」という技法。相手から腹の立つことを言われたら、怒りの言葉で返すのではなく、まずは大きく深呼吸をします。 人は怒りを感じると、呼吸が浅くなり、冷静でいづらくなってしまうので、冷静さを取り戻すよう、鼻から大きく息を吸い、いったん止めて、口からゆっくりと吐き出します。
引用元:http://www.j-cast.com/kaisha/2014/11/06220126.html?p=2

2つ目の対処法として、

?「ポジティブ・セルフトーク」という方法があります。? 気持ちを高揚させるために、あらかじめ自分で決めておいた「元気メッセージ」「プラス思考フレーズ」を強い気持ちで唱えるのです。(一部略) こうした力強い言葉で自分を激励することで、イライラのもとにもなる不愉快を解消し、建設的なパワーへと変換させられるでしょう。
引用元:http://www.j-cast.com/kaisha/2014/11/06220126.html?p=2

こういったものがありますが、わたしはこの対処法ではないものを実行してます。

わたしの 「アンガーマネジメント」 対処法

わたしは、このアンガーマネジメントが得意です(ニヤリ)。長年の会社員生活で身に着けたもので、3分後の未来を想像するという対処法をしてます。会社だったら、

「ここで怒りに任せたら、上司とこのあと気まずい関係になる」

と考えると、自然と怒りも抑えらえます。奥さんとケンカしそうになってもそうです。なので、母とも言い合いになる回数は少ないほうだと思います。それでもたまにやっちゃうんですけど・・・

認知症の人に対してカチンと来た時も未来を想像するのですが、上司のケースとはちょっと違います。母の3分後の未来は、言い争ったことを忘れているということです。

だから自分が言い過ぎたなと思ったら、トイレに行きます。あるいは自分の部屋にいって、クールダウンします。で戻ってくると、わたしはまだイライラしていても、母はケロッとしてます。

もひとつ、想像しないといけないこと、それは、

「認知症の人に感情をぶつけて怒ったら、症状が進行してしまう」

怒っちゃいけないよなぁ・・・こうなります。6秒で感情が沸点を迎える、3分やり過ごせば忘れてくれる、感情に身を任せたら認知症の症状が進行してしまう、それは自分に返ってくる この1セットをケンカが始まった瞬間に思い浮かべるよう、何度も訓練すると言い合いも減ります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)