認知症の人を説得する有効な方法「虎の威を借るキツネ作戦」

認知症 説得

「虎の威を借る狐」 というコトバありますよね?

他の人の権力を後ろだてにして、威張ること
引用元:http://kojiseigo.com/page/t012.html

気づいたら、これを認知症介護で利用していたなぁ・・・というお話です。

おいしいそばを食べるために

「母からは割と信頼してもらえている」 と勝手に思っていますが、それでも日々苦労することがあります。例えば近所のそば屋への、そばリハビリ。脚が不自由な母が、片道約20分歩き続けるというハードな内容です。(くどひろ考案)

・わたしも母も単純においしいそばが食べたい
・そばをえさに、母を歩かせて筋力低下を防ぐ、また認知症にもよい

2つ目が本当の目的ですが、母は完全に1つ目と信じています。1年半近くこのリハビリをやっていますが、先日そば屋の奥さんにこう言われました。

そば屋の奥さん
あら、平日にいらっしゃるの珍しいですね、いつも日曜日なのに

親子で腕組んで入店するお客って、うちぐらいですから印象に残るんでしょうね。そんな母も面倒に思う日があって、

なんか、今日は行きたくないっ!

と言われてしまうことも。わたしの想いは、少しでも筋力をつけてもらいたい and 自分がそば食いたい!の両方で、1か月に1回か2回しかチャンスがないので、帰省した時はなんとしても連れていきたいのです。

そこで「虎の威を借るキツネ作戦」を実行します!

くどひろ
先生がさ、そば食べに歩くことは続けたほうがいいって言ってたよ~

また、デイサービスもなんとか習慣化できたものの、しばらくすると、

あれ、わたしデイサービス、この前で終わったのよね

自分の都合のいい理由を作り出します。そこで、キツネの再登場。

くどひろ
デイサービスの所長さんがさ、休まないで来てくれてすごいって褒めてたよ

先生(かかりつけ医)、デイ所長という ”えらい人” を後ろ盾にすることで、「あら、先生がそう言ってたの?」 となって、母の反応が明らかに違います。

自分が信頼されていないなら、説得できる誰かを探す

介護者が信頼されていたら、ある程度の説得は可能かと思います。でもいつも怒ってばかりいたり、仲が悪くてどうしようもなかったら、何を言っても聞いてもらえません。

うちの場合は、「肩書きや経験などの“権威”を持つ者に対して、人は信頼を置く」(影響力の武器より)という人間の本質を利用すると、特に説得されるようです。

人によっては、亡くなった旦那さんや奥さんが有効だったり、ヘルパーさん、遠くにいる長男・長女など 「この人が言うことなら、聞いてくれる」 という人を見つけて利用するといいと思います。

「そば食べに行くよ!」「デイサービス行くよ!」

と強制はしないので、なんとか本人の口から自発的に言ってもらう事を目標に説得を繰り返していたら、かかりつけ医やデイ所長がしょっちゅう登場してました。これって、自分の信頼が足りないってことでは(笑)

これ、認知症の人だけの話じゃないですよね?だだをこねる子ども、なかなか動いてくれない部下、すべて同じことです。

子育て中のママ
ピーマン食べないと、パパに怒られるわよ!
課長
これ役員が明日までに見たいって言ってるから、すぐ仕上げてよ

この2つは脅しも入っているので、認知症の人にはポジティブな利用がいいと思います。あと、冒頭の「虎の威を借る狐」 の意味にある、”威張る” これもダメですね。権威だけちゃっかりお借りするのが、オススメです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

認知症 説得
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

介護施設を効率よく探す
老人ホーム・介護施設比較サイト7選

祖母の介護施設探しをする際に使った比較サイト7つのメリット・デメリットまとめました!

2 件のコメント

  • この人の言うことなら聞く!!という存在がおりません。
    娘の言うことなんか もってのほか。
    「あんたに とやかく言われる筋合いはないわっ!! 世話もやかずにほっておきっぱなしのくせに!」
    と定例句がとんできます。

    そもそも どんな人に言われても 忘れるので 催眠療法のように、ぼそぼそ言い続けることにしています。

  • ひみつのAKKOさま

    コメントありがとうございます!

    催眠療法のようなもの、聞きますよね。記憶の奥底に浸透するというか・・・わたしの褒め続け作戦も、これに近いかもです。権威だけでなく、大好きな人(うちの場合は舟木一夫)が言ってたという方法もありますね。大好きな人のいう事ならなんでもきく!というやつです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)